○山口市徳地山村広場設置及び管理条例

平成17年10月1日

条例第179号

(設置)

第1条 山口市における農林業の振興及びスポーツ等を通じて農林業者等の健康増進を図り、市民相互の交流と理解を深めるため、山口市徳地山村広場(以下「山村広場」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 山村広場の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

山口市徳地山村広場

山口市徳地堀11745番地1

(利用許可)

第3条 山村広場を利用しようとする者は、あらかじめ市長の許可を受けなければならない。

(許可の制限)

第4条 市長は、前条の許可を受けた者(以下「利用者」という。)次の各号のいずれかに該当するときは、利用許可を取り消し、利用を停止し、又は許可条件を変更することができる。この場合において、利用者において損害を受けることがあっても、賠償その他を請求することができない。

(1) この条例に違反したとき。

(2) 施設又は設備を損傷し、破損し、汚損したとき、又はそのおそれがあると認めたとき。

(3) 災害その他不可抗力の事由により、山村広場の利用ができなくなったとき。

(4) 管理者の指示に従わないとき。

(5) 前各号に掲げるもののほか、管理上支障があると認めたとき。

(使用料)

第5条 利用者は、別表の定めるところにより使用料を前納しなければならない。ただし、国又は地方公共団体が使用する場合に限り、後納させることができる。

(使用料の減免)

第6条 市長は、特に必要があると認めるときは、使用料を減額し、又は免除することができる。

(使用料の不還付)

第7条 既納の使用料は、還付しない。ただし、市長が相当の理由があると認めるときは、その全部又は一部を還付することができる。

(利用者の義務)

第8条 利用者は、利用期間中山村広場を善良な管理者の注意をもって利用しなければならない。

(利用権の譲渡禁止)

第9条 利用者は、山村広場の利用に関する権利を譲渡し、又は他人に利用させてはならない。

(委任)

第10条 この条例に定めるもののほか、この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の徳地町山村広場設置及び管理条例(昭和60年徳地町条例第12号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成18年6月30日条例第33号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成24年6月28日条例第84号)

(施行期日)

1 この条例は、平成25年1月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例による改正後の山口市徳地山村広場設置及び管理条例別表の規定は、この条例の施行の日以後の使用に係る使用料について適用し、同日前の使用に係る使用料については、なお従前の例による。

附 則(平成25年12月19日条例第58号)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日(以下「施行日」という。)から施行する。

附 則(平成30年6月22日条例第37号)

この条例は、平成30年6月25日から施行する。

別表(第5条関係)

種別

利用単位

時間単位

利用料金

グラウンド

全面

1時間

432円

半面

1時間

216円

備考

1 利用時間に1時間未満の端数があるときは、これを1時間とする。

2 営利、営業、宣伝等を目的として利用する場合の使用料は、当該使用料の額の10分の50を加算した額とする。

3 入場料を徴収して利用する場合は、最高入場料に50を乗じた額を備考2の額に加算した額とする。

4 上記により計算した額に10円未満の端数が生じたときは、これを切り捨てる。

山口市徳地山村広場設置及び管理条例

平成17年10月1日 条例第179号

(平成30年6月25日施行)

体系情報
第9編 業/第2章 農林・水産/
沿革情報
平成17年10月1日 条例第179号
平成18年6月30日 条例第33号
平成24年6月28日 条例第84号
平成25年12月19日 条例第58号
平成30年6月22日 条例第37号
平成31年3月14日 条例第1号