○山口市小規模治山事業分担金徴収条例施行規則

平成17年10月1日

規則第158号

(分担金の総額)

第2条 条例第3条第1項の分担金の総額は、別表に定める区分に応じ、同表に定める分担金率を乗じて得た額とする。

(分担金の決定通知等)

第3条 市長は、条例第3条第3項及び第4条第3項の規定による関係者への通知は、小規模治山事業分担金決定(変更)通知書(様式第1号)によるものとする。

(分担金の徴収)

第4条 条例第5条第1項の規定による分担金の納入期限は、当該小規模治山事業分担金額決定の日から30日以内とする。

(分割徴収)

第5条 条例第5条第1項ただし書の規定により分担金の分割徴収を受けようとする者は、第3条の通知書の送付を受けた日から起算して10日以内に小規模治山事業分担金分割徴収申請書(様式第2号)を市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項の申請書の提出があった場合において、その内容を審査の上適当と認めるときは、小規模治山事業分担金分割徴収決定通知書(様式第3号)により申請人に通知するものとする。

3 分割徴収の納期限は、当該年度末とする。

(分担金の減免又は徴収延期)

第6条 条例第6条のその他特別の理由がある場合において必要があると認めるときは、災害等により市税の減免又は徴収猶予を受けた場合とする。

2 分担金の減免又は徴収延期を受けようとする者は、第3条の通知書の送付を受けた日から起算して7日以内に小規模治山事業分担金減免(徴収延期)申請書(様式第4号)を市長に提出しなければならない。

3 市長は、前項の申請書の提出があった場合において、その内容を審査の上適当と認めるときは、小規模治山事業分担金減免(徴収延期)決定通知書(様式第5号)により申請人に通知するものとする。

(その他)

第7条 この規則で定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の小郡町小規模治山事業分担金徴収条例施行規則(平成14年小郡町規則第16号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

別表(第2条関係)

事業

分担金率

県からの補助金の交付を受ける事業

事業費の25%以内(保安林の区域内においては、12.5%以内)

画像

画像

画像

画像

画像

山口市小規模治山事業分担金徴収条例施行規則

平成17年10月1日 規則第158号

(平成17年10月1日施行)