○山口市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例施行規則

平成17年10月1日

規則第168号

(許可の申請等)

第2条 条例第10条の規定による許可(以下「建築許可」という。)を受けようとする者は、許可申請書(様式第1号)の正本及び副本に、それぞれ建築基準法施行規則(昭和25年建設省令第40号)第1条の3第1項に規定する付近見取図、配置図、各階平面図、2面以上の立面図及び2面以上の断面図並びに市長が必要と認める図書を添付して、市長に申請しなければならない。

2 市長は、前項の規定による申請に基づき建築許可をしたときは、許可書(様式第2号)前項の副本を添えて当該許可申請者に交付するものとする。

(許可内容の変更)

第3条 建築許可を受けた者は、その許可を受けた内容を変更しようとするときは、許可書を添付して、その変更について、前条第1項の規定に準じて市長の許可を受けなければならない。ただし、その変更が既に許可を受けた事項の範囲内であるときは、設計変更承認申請書(様式第3号)の正本に変更図書を、副本に許可書及び変更図書を添付して、市長の承認を受けなければならない。

2 市長は、前項の許可をしたときは前条第2項の規定に準じて、前項ただし書の承認をしたときは、設計変更承認通知書(様式第4号)前項の副本を添えて、当該申請者に通知するものとする。

(建築主の変更)

第4条 建築許可を受けた建築物の建築主又は建築主の住所に変更があったときは、建築主変更届(様式第5号)に許可書を添付して、市長に届け出なければならない。

2 市長は、前項の規定による届出を受理したときは、建築主変更通知書(様式第6号)前項の許可書を添えて、当該届出者に通知するものとする。

(申請の取下げ)

第5条 第2条第1項の規定により許可申請書を提出した者が、市長が許可等の処分をする前に申請を取り下げようとするときは、許可申請取下げ届(様式第7号)により市長に届け出なければならない。

(工事の取りやめ)

第6条 建築許可を受けた建築物の建築主は、当該建築物の工事を取りやめたときは、工事取りやめ届(様式第8号)に許可書を添付して、市長に届け出なければならない。

(許可の取消し)

第7条 市長は、建築許可が虚偽の申請その他不正の行為によるものであることが判明したときは、当該建築許可を取り消すことができる。

(その他)

第8条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の山口市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例施行規則(平成8年山口市規則第25号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成17年12月28日規則第212号)

この規則は、平成18年1月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

山口市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例施行規則

平成17年10月1日 規則第168号

(平成17年12月28日施行)