○山口市農道等の占用等に関する規則

平成18年3月31日

規則第16号

(趣旨)

第1条 この規則は、山口市における農道等の適正な利用を図るため、その占用等に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規則において「農道等」とは、山口市が所有する次に掲げるもののうち、市長が別に指定したものをいう。

(1) 道路法(昭和27年法律第180号)が適用されない道路であり、かつ土地改良法(昭和24年法律第195号)に基づく土地改良事業等により造成された道路

(2) 前号に附属する工作物、物件又は施設

(占用等の許可)

第3条 農道等に関し次に掲げる行為(以下「占用等」という。)をしようとする者は、占用等許可申請書(様式第1号)に必要な書類を添付して提出し、市長の許可を受けなければならない。

(1) 工作物の新築、改築又は除去

(2) 土地の掘削、盛土若しくは切土その他の土地の形状を変更する行為(前号に掲げる行為のため必要なものを除く。)又は竹木の植栽若しくは伐採

(3) 前各号に掲げるもののほか、農道等に関し工事を行い、又は本来の目的以外に使用すること。

2 市長は、前項の許可をしたときは、申請者に対し、占用等許可書(様式第2号)を交付する。

(許可の変更等)

第4条 前条の規定により許可を受けた事項を変更しようとする者は、占用等許可(変更・更新)申請書(様式第3号)に必要な書類を添付して提出し、市長の許可を受けなければならない。

2 市長は、前項の許可をしたときは、申請者に対し、占用等(変更・更新)許可書(様式第4号)を交付する。

3 市長は、前条第2項又は前項の許可をする場合において、農道等の管理上必要があると認めるときは、当該許可に必要な条件を付すことができる。

(許可の期間及び更新)

第5条 第3条又は前条に基づく許可(以下「占用等の許可」という。)の期間は、5年以内で定めるものとする。ただし、水道管、下水管、ガス管その他これらに類する施設の敷地の用に供する場合及び市長が特に必要と認めたものについては、10年以内で定めることができる。

2 占用等の許可を受けた者(以下「占用者等」という。)が許可期間満了後引き続いて占用をしようとするときは、当該許可期間の満了する日の30日前までに、占用等許可(変更・更新)申請書に必要な書類を添付して提出し、市長の許可を受けなければならない。

3 市長は、前項の許可をしたときは、申請者に対し、占用等(変更・更新)許可書を交付する。

(許可物件の管理等)

第6条 占用者等は、占用等の許可に係る工作物その他の物件を常に良好な状態に維持管理しなければならない。

2 占用者等は、前項の維持管理の状況について市長から報告を求められたときは、速やかに占用等の許可に係る工作物その他物件を調査し、市長に報告しなければならない。

(地位の承継)

第7条 占用者等について相続又は合併があったときは、相続人又は法人の合併における権利の承継者は、占用者等の地位を承継する。この場合において、占用者等の地位を承継した者は、占用等許可承継届(様式第5号)により速やかに市長にその旨を届け出なければならない。

(権利の譲渡等の制限)

第8条 占用者等は、占用等の許可に基づく権利を他人に譲渡し、貸付け、又は担保に供してはならない。ただし、市長の承認を受けたときは、この限りでない。

2 前項ただし書の規定による承認を受けようとする者は、譲渡等承認申請書(様式第6号)に必要な書類を添付して、市長に提出しなければならない。

3 市長は、前項の申請の可否を決定したときは、申請者に対し、譲渡等承認決定通知書(様式第7号)により通知する。

(許可の失効)

第9条 次に掲げる事由が生じたときは、占用等の許可は、その効力を失う。

(1) 占用等の許可期間が満了したとき。

(2) 占用者等が死亡し、又は解散した場合において、その地位を承継する者がいないとき。

(3) 占用等の許可を受けた目的を事実上達成することができなくなったとき。

(4) 第10条の規定により許可が取り消されたとき。

(5) 農道等の用途が廃止されたとき。

(原状回復)

第10条 占用者等は、前条の規定に該当することとなったとき、又は占用等を終了したときは、速やかに当該箇所を原状に回復するとともに、原状回復完了届(様式第8号)により、その旨を市長に届け出て検査を受けなければならない。ただし、占用者等の申請を受けて、市長が原状に回復する必要がないと認めたものについては、この限りでない。

(許可の取消し等)

第11条 市長は、占用者等が次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、当該占用者等に係る許可を取り消し、又は許可の内容を変更することができる。

(1) この規則又は許可条件に違反したとき。

(2) 不正の手段により許可を受けたとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、公益上やむを得ない事情が生じたとき。

(委任)

第12条 この規則の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成18年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

山口市農道等の占用等に関する規則

平成18年3月31日 規則第16号

(平成18年4月1日施行)