○山口市営地域優良賃貸住宅条例

平成20年12月19日

条例第57号

(趣旨)

第1条 この条例は、特定優良賃貸住宅の供給の促進に関する法律(平成5年法律第52号。以下「法」という。)及び地域優良賃貸住宅制度要綱(平成19年3月28日付け国住備第160号。以下「地優賃要綱」という。)に基づく地域優良賃貸住宅及び共同施設の管理について、法及び地方自治法(昭和22年法律第67号)並びにこれらに基づく命令の定めるところによるほか、必要な事項を定めるものとする。

(用語の定義)

第2条 この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 地域優良賃貸住宅 市が建設及び管理を行う地優賃要綱第2第9号に規定する賃貸住宅をいう。

(2) 共同施設 地域優良賃貸住宅に付設された駐車場その他地域優良賃貸住宅の入居者の共同の福祉のために必要な施設をいう。

(3) 所得 特定優良賃貸住宅の供給の促進に関する法律施行規則(平成5年建設省令第16号)第1条第3号に規定する所得をいう。

(設置)

第3条 子育て世帯その他の地域における居住の安定に特に配慮が必要な世帯の居住の用に供する居住環境が良好な賃貸住宅の供給を促進するため、地域優良賃貸住宅を設置する。

2 地域優良賃貸住宅の名称及び位置は、別表のとおりとする。

(入居者の資格)

第4条 地域優良賃貸住宅に入居することができる者は、次に掲げる要件のいずれにも該当する者とする。

(1) 地優賃要綱第5第1項に規定する入居者の資格に該当すること。

(2) 所得が規則で定める基準に該当すること。

(3) 自ら居住するための住宅を必要とすること。

(4) 現に同居し、又は同居しようとする親族(婚姻の届出をしないが事実上婚姻関係と同様の事情にある者その他婚姻の予約者を含む。以下この条において同じ。)があること。

(5) 市民税を滞納していないこと。

2 前項の規定にかかわらず、所得が規則で定める基準に該当する者であって、災害、不良住宅の撤去その他の特別の事情により地域優良賃貸住宅に入居させることが適当であると市長が認めるものは、市長が定める地域優良賃貸住宅に入居することができる。

3 前2項の規定にかかわらず暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団員(以下「暴力団員」という。)である者は、地域優良賃貸住宅に入居することができない。現に同居し、又は同居しようとする親族が暴力団員である者についても、同様とする。

(山口市営特定公共賃貸住宅条例の規定の準用)

第5条 山口市営特定公共賃貸住宅条例(平成17年山口市条例第199号)第4条及び第6条から第14条までの規定は、地域優良賃貸住宅について準用する。この場合において、同条例第4条第3項中「次条第2項」とあるのは「山口市営地域優良賃貸住宅条例第4条第2項」と、同条例第6条中「前条」とあるのは「山口市営地域優良賃貸住宅条例第4条」と、同条例第10条第3項及び第14条中「山口市営特定公共賃貸住宅条例」とあるのは「山口市営地域優良賃貸住宅条例第5条の規定により準用する山口市営特定公共賃貸住宅条例」と読み替えるものとする。

(委任)

第6条 この条例に定めるもののほか、地域優良賃貸住宅の管理に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、平成21年4月1日から施行する。

別表(第3条関係)

名称

位置

飛石地域優良賃貸住宅

山口市阿知須2928番地

山口市営地域優良賃貸住宅条例

平成20年12月19日 条例第57号

(平成21年4月1日施行)

体系情報
第10編 設/第3章 建築・住宅/
沿革情報
平成20年12月19日 条例第57号