○山口市阿東生活バス運行事業設置及び管理条例

平成22年1月16日

条例第15号

(設置)

第1条 住民の交通手段の確保及び住民福祉の増進を図るため、山口市阿東生活バス運行事業(以下「阿東生活バス事業」という。)を設置する。

(定義)

第2条 この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 阿東生活バス事業 市が道路運送法(昭和26年法律第183号)第79条の規定により国土交通大臣の登録を受けて行う有償運送事業をいう。

(2) 阿東生活バス 阿東生活バス事業により運行するバスをいう。

(運行路線等)

第3条 阿東生活バス事業の運行路線は、次のとおりとする。

(1) 徳佐嘉年線

(2) 徳佐生雲線

2 市長は、道路事情等により阿東生活バスの運行が困難であると認めたときは、運行を休止し、又は臨時運行路線等を定めることができる。

(業務の委託)

第4条 市長は、阿東生活バスの運行に関する業務を委託することができる。

(使用料)

第5条 阿東生活バスを利用する者(以下「利用者」という。)は、使用料を納付しなければならない。ただし、小学生未満の者に係る使用料は、無料とする。

2 普通使用料(利用の都度支払う使用料をいう。以下同じ。)の納付は、降車の際に現金で行うものとする。

3 定期乗車券使用料(定期乗車券により利用する場合(小学生の利用に限る。)の使用料をいう。以下同じ。)の納付は、定期乗車券の購入により行うものとする。

4 回数乗車券使用料(普通使用料の納付に代えて回数乗車券により利用する場合の使用料をいう。以下同じ。)の納付は、回数乗車券の購入により行うものとする。

(使用料の額)

第6条 普通使用料及び定期乗車券使用料の額は、別表第1のとおりとする。

2 回数乗車券使用料の額は、別表第2のとおりとする。

(使用料の免除)

第7条 前条の規定にかかわらず、山口市教育委員会が認める遠距離通学対象者については、その者の通学区間に限り使用料を免除する。

(使用料の不還付)

第8条 既納の使用料は、還付しない。ただし、災害その他利用者の責めに帰さない理由により利用できないときは、その全部又は一部を還付することができる。

(利用の制限)

第9条 市長は、阿東生活バスの運行に支障を来すおそれのある者については、阿東生活バスの利用を拒絶し、又は途中下車させることができる。

(損害賠償の義務)

第10条 利用者が、故意又は過失により阿東生活バスを損傷し、又は滅失したときは、市長が定める額を賠償しなければならない。

(委任)

第11条 この条例に定めるもののほか、この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

この条例は、平成22年1月16日から施行する。

(平成22年3月25日条例第42号)

この条例は、平成22年4月1日から施行する。

(平成24年9月24日条例第90号)

この条例は、平成24年10月1日から施行する。

別表第1(第6条関係)

種別

区分

金額

普通使用料

中学生以上

1路線1乗車につき 200円

小学生

1路線1乗車につき 100円

定期乗車券使用料

小学生

月額 3,000円

備考 市長が別に定める福祉優待バス乗車証の交付対象者及びその介護者の使用料については、次のとおりとする。

(1) 障害者及びその介護者1人 無料

(2) 前号以外の70歳以上の者 1路線1乗車につき100円

別表第2(第6条関係)

種別

枚数

金額

回数乗車券使用料

100円券 11枚分

1,000円

山口市阿東生活バス運行事業設置及び管理条例

平成22年1月16日 条例第15号

(平成24年10月1日施行)