○山口市阿東地域家畜人工授精師設置に関する規則

平成22年1月16日

規則第34号

(設置)

第1条 阿東地域(平成22年1月15日における阿東町の区域をいう。以下同じ。)における畜産振興のため、各関係機関と種雌牛飼養農家との連携を密にするとともに、受胎率の向上を図り、もって優良仔牛の生産をすることを目的として、山口市阿東地域家畜人工授精師(以下「授精師」という。)を置く。

(職務)

第2条 授精師は、市長の命を受けて、阿東地域の家畜の受胎率の向上に努めるものとする。

2 授精師は、非常勤とする。

(任命)

第3条 授精師は、阿東地域に居住する家畜人工授精師の免許を有する者で、職務の遂行に必要な熱意及び適格性を有するもののうちから、市長が、有識者の意見を聴いて、任命する。

(定数)

第4条 授精師の定数は、5人以内とする。

(任期)

第5条 授精師の任期は、3年とする。ただし、再任を妨げない。

2 市長は、授精師に次に掲げる事由があるときは、これを解任することができる。

(1) 授精師から辞任の申出があったとき。

(2) 授精師としての適格性を欠くに至ったとき。

(委任)

第6条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成22年1月16日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日において、編入前の阿東町家畜人工授精師設置条例(昭和49年阿東町条例第24号)に規定する阿東町家畜人工授精師であった者は、第3条の規定により任命された者とみなす。この場合における当該授精師の任期は、編入前における阿東町家畜人工授精師としての残任期間と同一の期間とする。

山口市阿東地域家畜人工授精師設置に関する規則

平成22年1月16日 規則第34号

(平成22年1月16日施行)

体系情報
第9編 業/第2章 農林・水産/ 農業一般
沿革情報
平成22年1月16日 規則第34号