○山口市阿東山村広場設置及び管理条例施行規則

平成22年1月16日

規則第39号

(定義)

第2条 この規則における用語の意義は、条例の例による。

(利用許可の申請)

第3条 条例第5条第1項の規定により山村広場の利用許可を受けようとするものは、阿東山村広場利用(変更)許可申請書(様式第1号。以下「利用許可申請書」という。)を市長が指定する期間内に、市長に提出しなければならない。利用者が許可された事項を変更しようとするときも、同様とする。

(利用許可書の交付)

第4条 市長は、山村広場の利用を許可したときは、阿東山村広場利用(変更)許可書(様式第2号。以下「利用許可書」という。)を交付するものとする。

(利用時間)

第5条 利用者が山村広場を利用する時間(次項において「利用時間」という。)は、本来の目的に要する時間のほか、その準備及び原状回復に要する時間を含めたものとする。

2 利用者は、許可を受けないで利用時間を超過し、又は利用時間を繰り上げて利用を開始することはできない。

(使用料の減免)

第6条 条例第9条の規定により使用料を減額し、又は免除することができる場合及びその額は、次のとおりとする。

(1) 市が主催して行う行事又はこれに相当する共催行事に利用するとき 免除

(2) 市内の団体、グループが社会教育の推進及び福祉の向上を図ることを目的とした催し物に利用するとき 免除

(3) 市が後援して行う行事又はこれに相当する協賛行事に利用するとき 5割減額

(4) 前3号に掲げるもののほか、市長が特に必要と認めるものに利用するとき 3割減額

2 利用者は、使用料の減額又は免除を受けようとするときは、阿東山村広場使用料減免申請書(様式第3号)を市長に提出しなければならない。

(利用の中止)

第7条 利用者は、山村広場の利用を中止しようとするときは、阿東山村広場利用許可取消願(様式第4号)に利用許可書を添えて、速やかに市長に提出しなければならない。

(使用料の還付)

第8条 条例第10条ただし書の規定により既納の使用料を還付することができる場合は、次のとおりとする。

(1) 山村広場の管理上の都合又は公用により利用の許可を取り消したとき。

(2) 山村広場が災害その他利用者の責めに帰さない理由により利用することができなくなったとき。

(3) 市長が、災害対策等公益上特に必要があるとして山村広場を利用することにより、利用することができなくなったとき。

(4) 前3号に掲げるもののほか、市長が相当の理由があると認めたとき。

2 前項の規定により還付する額は、全額とする。

(遵守事項)

第9条 利用者又は山村広場に入場しようとするもの若しくは入場したものは、条例に定めるもののほか、次の事項を遵守しなければならない。

(1) 許可を受けずに山村広場内での物品の販売、宣伝その他の営利行為をしないこと。

(2) 許可を受けずに山村広場内で飲酒し、又は所定の場所以外で火気(喫煙を含む。)を使用しないこと。

(3) 許可を受けずに山村広場内にはり紙、くぎ打ち等をしないこと。

(4) 許可を受けた設備以外のものを使用しないこと。

(5) 許可を受けずに附属設備を所定の場所以外に持ち出さないこと。

(6) 公の秩序又は善良な風俗を乱す行為をしないこと。

(7) 山村広場内を不潔にしないこと。

(8) 前各号に掲げるもののほか、市長の指示を遵守すること。

2 市長は、前項の規定に違反するもの又は違反することが明らかなものに対して、遵守事項を守るよう指導しなければならない。

3 市長は、前項の規定による指導に従わないものに対しては、山村広場への入場を拒絶し、又は退去を命ずるものとする。

(責任者の設置)

第10条 市長は、利用者が山村広場を利用している間における山村広場内の秩序を保持するため、利用者に対し、責任者を置くよう命ずることができる。

(損傷及び滅失の届出)

第11条 利用者は、山村広場の施設又は附属設備を損傷し、又は滅失したときは、直ちにその旨を市長に届け出なければならない。

(委任)

第12条 この規則に定めるもののほか、山村広場の運営に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成22年1月16日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、編入前の阿東町山村広場設置及び管理条例施行規則(平成3年阿東町規則第3号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

画像

画像

画像

画像

山口市阿東山村広場設置及び管理条例施行規則

平成22年1月16日 規則第39号

(平成22年1月16日施行)