○山口市鳥獣被害対策実施隊設置条例施行規則

平成28年3月31日

規則第39号の2

(趣旨)

第1条 この規則は、山口市鳥獣被害対策実施隊設置条例(平成28年山口市条例第31号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規則における用語の意義は、条例の例による。

(職務)

第3条 実施隊は、条例第3条に定める任務を遂行するため、次に掲げる職務を行う。

(1) 鳥獣の捕獲等に関すること。

(2) 鳥獣による人の生命又は身体に係る被害を防止するための緊急に必要な措置に関すること。

(3) 鳥獣の被害防止技術等の向上及び普及指導に関すること。

(4) その他被害防止施策として市長が必要と認める事項

(編成)

第4条 実施隊は、隊長、班長及び隊員(隊長及び班長以外の実施隊員)により編成する。

2 隊長は、経済産業部農林政策課長をもって充てる。

3 隊長は、山口市の区域を管轄する警察署その他の関係機関と連携し、実施隊の職務を総括する。

4 班長は、実施隊員の中から互選により選出する。

5 班長は、隊長の命を受け、隊員を指揮する。

6 隊員は、班長の指揮を受け、職務に従事する。

(報告)

第5条 班長は、実施隊員が第3条各号に掲げる職務に従事したときは、実施隊日誌(別記様式)により速やかに市長に報告しなければならない。

(補償)

第7条 実施隊員(条例第4条第2項第1号に掲げる者を除く。)の職務上の災害に対する補償は、山口市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例(平成17年山口市条例第32号)の定めるところによる。

(解任)

第8条 市長は、実施隊員が次の各号のいずれかに該当するときは、これを解任することができる。

(1) 隊員が自ら解任を申し出たとき。

(2) 職務上の違反をし、又は職務を怠ったとき。

(3) その他市長が特に解任する必要があると認めたとき。

(庶務)

第9条 実施隊の庶務は、経済産業部農林政策課において処理する。

(補則)

第10条 この規則に定めるもののほか、この規則の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

画像画像

山口市鳥獣被害対策実施隊設置条例施行規則

平成28年3月31日 規則第39号の2

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第9編 業/第2章 農林・水産/ 農業一般
沿革情報
平成28年3月31日 規則第39号の2