○横芝光町災害見舞金支給要綱

平成18年3月27日

告示第31号

(目的)

第1条 この告示は、本町に住所を有し、住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)に基づき記録されている者(以下「住民」という。)が災害救助法(昭和22年法律第118号)の適用を受けるに至らない災害を受けた場合に、被災住民に対し災害見舞金を支給し、もって被災住民の更生意欲の向上を図ることを目的とする。

(平24告示33・一部改正)

(定義)

第2条 この告示において「災害」とは、暴風、豪雨、洪水、高潮、津波その他の異常な自然現象又は火災若しくは爆発等により生ずる被害をいう。

(災害見舞金の支給範囲)

第3条 町長は、住家の全壊、全焼、全失若しくは半壊、半焼又は床上浸水等の災害を受けた世帯に対し災害見舞金を支給する。

2 町長は、前項の規定にかかわらず、特に必要があると認めるときは、災害見舞金を支給する。

(災害見舞金の支給額)

第4条 災害見舞金の支給額は、次の各号に掲げる区分に応じ、当該各号に定める額とする。

(1) 死亡 1人 100,000円

(2) 傷害

(入院) 1人 10,000円

(通院) 1人 5,000円

(3) 住家の全壊又は全焼(全失を含む。) 1世帯 100,000円

(4) 住家の半壊又は半焼 1世帯 50,000円

(5) 床上浸水 1世帯 30,000円

(調査及び支給決定)

第5条 町長は、住家災害調査依頼書(別記第1号様式)を所管の消防組合に依頼し、住家災害調査報告書(別記第2号様式)に基づき災害見舞金の可否を決定する。

(適用除外)

第6条 災害見舞金は、次の各号のいずれかに該当するときは、支給しない。

(1) 町が災害救助法の適用を受けたとき。

(2) 千葉県市町村災害弔慰金の支給等に関する条例(昭和49年千葉県市町村総合事務組合条例第1号)に基づく災害弔慰金の支給を受けたとき。

(3) 被災原因が故意又は重大な過失によるとき。

(4) 住家として使用していない建物に災害を受けたとき。

(その他)

第7条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成18年3月27日から施行する。

(適用)

2 この告示は、平成18年4月1日以後に係る災害見舞金に適用し、同日前に係る災害見舞金については、なお合併前の光町災害見舞金支給要綱(昭和62年光町告示第12号。次項において「合併前の要綱」という。)の例による。

(経過措置)

3 平成18年3月31日までに、合併前の要綱の規定によりなされた手続その他の行為は、この告示の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成24年告示第33号)

この告示は、平成24年7月9日から施行する。

画像

画像

横芝光町災害見舞金支給要綱

平成18年3月27日 告示第31号

(平成24年7月9日施行)