○横芝光町農業委員会事務局規程

平成18年3月27日

農業委員会訓令第1号

(設置)

第1条 横芝光町農業委員会(以下「農業委員会」という。)に事務局を設置する。

(班の設置)

第2条 事務局に農政班を置く。

(平18農委訓令2・追加)

(職員)

第3条 事務局に事務局長、班に班長及びその他の職員を置く。

(平18農委訓令2・旧第2条繰下・一部改正)

(職員の職務)

第4条 事務局長は、会長の命を受け、農業委員会の事務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

2 班長は、上司の命を受け、その分掌事務を管理し、班員を指揮し、事務局長に事故があるときは、これを代理する。

(平18農委訓令2・旧第3条繰下・一部改正)

(事務分掌)

第5条 農業委員会事務局の事務分掌は、次のとおりとする。

(1) 農業委員会の会議に関すること。

(2) 議案の作製及び議事録の調製に関すること。

(3) 農地等の移動調整及び転用に関すること。

(4) 小作料の標準額の決定及び小作契約に関すること。

(5) 土地等の利用権に関すること。

(6) 農地等の利用関係の紛争に係る和解の仲介に関すること。

(7) 小作地の所有状況調査に関すること。

(8) 農用地の交換分合に関すること。

(9) 農用地利用集積計画の決定に関すること。

(10) 農地に係る諸証明に関すること。

(11) 農業者年金に関すること。

(12) 文書の収受、発送、整理及び保存に関すること。

(13) 公印の保管に関すること。

(14) 農業委員会の予算及び経理に関すること。

(15) 前各号に掲げるもののほか、農業委員会の権限に関すること。

(平18農委訓令2・旧第4条繰下、平28農委訓令1・一部改正)

(事務処理)

第6条 事務の処理は、次条に定めるもののほか、すべて事務局長を経て会長の決裁を受けなければならない。

2 会長が欠けたとき又は会長に事故があるときは、会長職務代理者が事務を決裁する。

3 会長及び会長職務代理者が共に欠けたとき又は会長及び会長職務代理者に共に事故があるときは、重要又は異例に属する事務を除き、事務局長が代決することができる。

(平18農委訓令2・旧第5条繰下)

(専決)

第7条 事務局長が専決することができる事項は、次のとおりとする。

(1) 職員の事務分担の決定

(2) 職員の事務引継の報告確認

(3) 職員の年次休暇の承認

(4) 職員の時間外勤務命令及び復命

(5) 職員の旅行命令及び復命

(6) 公印の使用許可

(7) 定例的な申請、願い出及び届出の受理

(8) 原簿、台帳等の作成、訂正及び記載の確認

(9) 原簿、台帳等の閲覧許可及び原簿、台帳等による証明

(10) 定例的又は軽易な調査、報告及び進達

(11) 定例的又は軽易な通知、照会及び回答

(12) 前各号に掲げるもののほか、軽易と認められる事項

(平18農委訓令2・旧第6条繰下)

(公印)

第8条 農業委員会及び会長の公印は、次のとおりとする。

画像

画像

24ミリメートル平方

21ミリメートル平方

(平18農委訓令2・旧第7条繰下)

(準用規定)

第9条 この訓令に定めるもののほか、職員の任用、給与、分限、服務及び事務処理等については、町長の事務部局の例による。

(平18農委訓令2・旧第8条繰下)

この訓令は、平成18年3月27日から施行する。

(平成18年農委訓令第2号)

この訓令は、平成18年7月1日から施行する。

(平成28年農委訓令第1号)

この訓令は、平成28年4月1日から施行する。

横芝光町農業委員会事務局規程

平成18年3月27日 農業委員会訓令第1号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第1章 農業委員会
沿革情報
平成18年3月27日 農業委員会訓令第1号
平成18年6月27日 農業委員会訓令第2号
平成28年3月28日 農業委員会訓令第1号