○横芝光町農村広場条例施行規則

平成18年3月27日

規則第109号

(趣旨)

第1条 この規則は、横芝光町農村広場条例(平成18年横芝光町条例第110号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(利用時間)

第2条 横芝光町農村広場(以下「農村広場」という。)の利用時間は、午前8時から午後5時30分までとする。ただし、農業者トレーニングセンターにあっては、午後10時まで延長することができる。

2 前項に規定する利用時間は、町長が特に必要があると認めるときは、これを変更することができる。

(利用の許可の申請)

第3条 条例第4条の規定により農業者トレーニングセンターの利用の許可を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、農業者トレーニングセンター利用許可申請書(別記第1号様式)を町長に提出しなければならない。

(利用許可書の交付)

第4条 町長は、農業者トレーニングセンターの利用を許可したときは、農業者トレーニングセンター利用許可書(別記第2号様式)を申請者に交付するものとする。

(利用者の遵守事項)

第5条 利用者は、次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 利用のための準備及び利用後の整理整とんは、自主的に行い所定の時間内に終了すること。

(2) 許可を受けずに火気等を使用し、又は所定の場所以外において喫煙しないこと。

(3) 公の秩序又は善良な風俗を乱し、他人に迷惑をかける行為をしないこと。

(4) 危険を引き起こすおそれのある行為をしないこと。

(5) 前各号に掲げるもののほか、農村広場の利用について条例第10条の規定により管理を受託した者(以下「管理者」という。)の指示に従うこと。

(原状回復の点検)

第6条 利用者は、条例第8条の規定により施設等を原状に回復し、又は搬入した物件を撤去したときは、管理者の点検を受けなければならない。

(損壊の届出)

第7条 農村広場の施設等を損壊し、又は滅失した者は、速やかに町長に届け出てその指示に従わなければならない。

(指定管理者による管理)

第8条 条例第10条第1項の規定により指定管理者に管理を行わせる場合においては、第2条から第4条まで及び第7条中「町長」とあるのは「指定管理者」と読み替えるものとする。

(平18規則126・全改)

(その他)

第9条 この規則に定めるもののほか、農村広場の管理に関し必要な事項は、町長が別に定める。

(施行期日)

1 この規則は、平成18年3月27日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の横芝町農村広場設置及び管理に関する規則(昭和56年横芝町規則第7号)の規定によりなされた手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

(平成18年規則第126号)

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日から農村広場の指定管理者の指定の期間の始期の前日までの間における農村広場の管理については、なお従前の例による。

(令和5年規則第2号)

(施行期日)

1 この規則は、令和5年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際現にあるこの規則による改正前の様式による用紙については、当分の間、これを取り繕って使用することができる。

(平18規則126・令5規則2・一部改正)

画像

(平18規則126・一部改正)

画像

横芝光町農村広場条例施行規則

平成18年3月27日 規則第109号

(令和5年4月1日施行)