○横芝光町農業集落排水処理施設条例

平成18年3月27日

条例第114号

(趣旨)

第1条 この条例は、農業集落における農業用用排水の水質保全及び生活環境の改善並びに公共用水域の水質保全を図るため、農業振興地域の整備に関する法律(昭和44年法律第58号)第6条第1項の規定により農業振興地域として指定された地域に横芝光町が設置する農業集落排水処理施設の管理及び使用に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 汚水 浄化槽法(昭和58年法律第43号)に基づくところにより浄化槽で処理することのできるし尿及び雑排水をいう。

(2) 農業集落排水処理施設 前条に規定する地域において、汚水を排除するために設けられる排水管きよ、ますその他の排水施設(かんがい排水施設を除く。)及びこれらに接続して汚水を処理するために設けられる処理施設又はこれらの施設を補完するために設けられるポンプ施設その他の施設の総体をいう。

(3) 処理区域 この条例に基づき設置する農業集落排水処理施設により汚水を排除し、及び処理することができる区域で、第4条の規定により公示された区域をいう。

(4) 排水設備 汚水を農業集落排水処理施設に流入させるために必要な排水管きよその他の排水施設をいう。

(5) 除害施設 著しく農業集落排水処理施設の機能を妨げ、又は施設を損傷するおそれのある汚水による障害を除去するために必要な施設をいう。

(6) 使用者 汚水を農業集落排水処理施設に排除してこれを使用する者をいう。

(7) 水道水 水道法(昭和32年法律第177号)第3条第1項に規定する水道により給水される水をいう。

(8) 使用月 農業集落排水処理施設使用料の徴収の便宜上区分されたおおむね1月の期間をいう。

(農業集落排水処理施設の設置等)

第3条 町は、処理区域における汚水を排除し、及び処理するため、農業集落排水処理施設を設置する。

2 農業集落排水処理施設の名称及び処理区域は、別表第1に掲げるとおりとする。

(供用開始の公示)

第4条 町長は、農業集落排水処理施設の供用を開始しようとするときは、あらかじめ、供用を開始すべき年月日、汚水を排除できる区域その他必要な事項を公示しなければならない。公示した事項を変更しようとするときも、同様とする。

(排水設備の設置)

第5条 農業集落排水処理施設の供用が開始された場合においては、当該農業集落排水処理施設の処理区域内の建築物の所有者は、遅滞なく、排水設備を設置しなければならない。ただし、特別の事由により町長の許可を受けた場合においては、この限りでない。

(排水設備の新設等の基準)

第6条 排水設備の新設、増設又は改築(以下「新設等」という。)を行おうとする場合は、次に掲げる基準によらなければならない。

(1) 排水設備は、農業集落排水処理施設の機能を妨げ、又は損傷することのないように、農業集落排水処理施設のますその他の排水施設に固着させること。

(2) 排水設備の排水管きよの内径は、100ミリメートル以上とし、勾配は、原則として、100分の1以上にすること。ただし、一の建築物から排除される汚水の一部を排除すべき排水管きよで延長が3メートル以下のものの内径は、75ミリメートルとすることができる。

(排水設備の新設等の計画の確認)

第7条 排水設備の新設等を行おうとする者は、あらかじめその計画が前条各号に掲げる基準に適合するものであることについて、規則で定めるところにより町長の確認を受けなければならない。確認を受けた事項を変更しようとするときも、同様とする。

(排水設備の工事の施行)

第8条 排水設備の新設等の工事は、町長が排水設備の工事に関し技能を有する者として認めた者の監理の下で行わなければならない。ただし、規則で定める軽微な工事を行う場合については、この限りでない。

(工事の完了の検査等)

第9条 排水設備の新設等の工事を完了した者は、その工事の完了した日から5日以内に町長にその旨を届け出なければならない。

2 町長は、前項の規定による届出があったときは、当該届出に係る排水設備が第6条各号に掲げる基準に適合しているかどうかについて、検査を行うものとする。この場合において、当該工事を行った工事店は、その検査に立ち会わなければならない。

3 町長は、前項の検査の結果、当該排水設備が第6条各号に掲げる基準に適合していると認めたときは、当該排水設備の新設等を行った者に対して、検査済証を交付するものとする。

(雨水の流入禁止)

第10条 何人も農業集落排水処理施設に雨水を流入させてはならない。

(除害施設の設置)

第11条 使用者は、下水道法施行令(昭和34年政令第147号)第9条第1項各号に定める汚水(水洗便所から排除される汚水を除く。)を施設に排除しようとするときは、除害施設を設置しなければならない。

(し尿排除の制限)

第12条 使用者は、し尿を農業集落排水処理施設に排除するときは、水洗便所によってこれを排除しなければならない。

(使用開始等の届出)

第13条 農業集落排水処理施設の使用を開始し、休止し、若しくは廃止し、又は休止した農業集落排水処理施設の使用を再開した者は、直ちに、町長にその旨を届け出なければならない。

(使用制限)

第14条 町長は、農業集落排水処理施設に関する工事を施行する場合その他やむを得ない理由がある場合には、処理区域の全部又は一部の区域を指定して、当該農業集落排水処理施設の使用を一時制限することができる。

2 町長は、前項の規定により農業集落排水処理施設の使用を制限しようとするときは、使用を制限しようとする区域及び期間並びに時間制限をする場合にあってはその時間をあらかじめ関係者に周知させる措置を講じなければならない。

(使用料の徴収)

第15条 町は、毎使用月、その使用月における農業集落排水処理施設の使用について、使用者から使用料を徴収する。ただし、町長が必要があると認めるときは、2使用月ごとに、当該2使用月に係るそれぞれの使用月の使用料をまとめて徴収することができる。

2 使用者は、町長の指定する期日までに使用料を納入しなければならない。

3 使用料の額は、別表第2に定める額とする。

(使用料の算定)

第16条 使用者が使用月の中途において農業集落排水処理施設の使用を開始し、休止し、若しくは廃止し、又は現に休止しているその使用を再開した場合における当該使用月に係る基本使用料の額は、次の各号に掲げる区分に従い、当該各号に定めるところによる。

(1) 当該使用月における農業集落排水処理施設の使用日数が15日以下のとき 別表第2に定める基本使用料の額の2分の1の額。ただし、1円未満の端数があるときはその端数を切り捨てるものとする。

(2) 当該使用月における農業集落排水処理施設の使用日数が15日を超えるとき 別表第2に定める基本使用料の額

(資料の提出)

第17条 町長は、使用料を算定するために使用者から必要な資料の提出を求めることができる。

(使用者の変更)

第18条 使用者の変更があったときは、新たに使用者となった者は、速やかにその旨を町長に届け出なければならない。

(使用料の減免)

第19条 町長は、特に必要があると認めたときは、規則で定めるところにより使用料を減額し、又は免除することができる。

(指定管理者による管理)

第20条 町長は、農業集落排水処理施設の管理を横芝光町公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例(平成18年横芝光町条例第133号)の定めるところにより町長が指定するもの(以下「指定管理者」という。)に行わせることができる。

2 前項の規定により指定管理者に管理を行わせる場合の当該指定管理者が行う業務は、次のとおりとする。

(1) 農業集落排水処理施設の維持管理に関すること。

(2) 前号に掲げるもののほか、農業集落排水処理施設の管理に関し町長が必要と認める業務

3 指定管理者は、法令、この条例及びこれに基づく規則の規定並びに町長の指示に従って、農業集落排水処理施設の管理を行わなければならない。

4 第1項の規定により指定管理者に管理を行わせる場合においては、第18条中「町長」とあるのは「指定管理者」と読み替えるものとする。

(平18条例136・全改)

(利用料金)

第21条 町長は、適当と認めるときは、指定管理者に施設の利用に係る料金(以下「利用料金」という。)を当該指定管理者の収入として収受させることができる。

2 利用料金の額は、第15条の使用料の額に相当する額とする。

3 第15条から第17条までの規定は、第1項の規定により指定管理者の収入として収受させる利用料金について準用する。この場合において、第15条及び第17条中「町」及び「町長」とあるのは「指定管理者」と、「使用料」とあるのは「利用料金」と読み替えるものとする。

4 指定管理者は、第1項に規定する場合において、町長の承認を得て定める基準により、利用料金を減額し、又は免除することができる。

(平18条例136・追加)

(埋設管付近での工事)

第22条 農業集落排水処理施設の付近において、当該排水管の埋設位置より深く掘削工事を行おうとする者は、あらかじめ町長に届け出なければならない。

2 町長は、前項の工事を行おうとする者に対し、農業集落排水処理施設の機能及び構造を保全するために必要な措置を命令することができる。

(平18条例136・旧第21条繰下)

(監督処分)

第23条 町長は、この条例又はこの条例に基づく規則に違反している者に対し、行為又は工事の中止、変更その他の必要な措置を命ずることができる。

(平18条例136・旧第22条繰下)

(委任)

第24条 この条例に定めるもののほか、この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

(平18条例136・旧第23条繰下)

(過料)

第25条 詐欺その他不正の行為により使用料の徴収を免れた者に対し、その徴収を免れた金額の5倍に相当する金額(当該5倍に相当する金額が5万円を超えないときは、5万円とする。)以下の過料に処する。

(平18条例136・旧第24条繰下)

(施行期日)

1 この条例は、平成18年3月27日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日(次項において「施行日」という。)の前日までに、合併前の横芝町農業集落排水処理施設条例(平成12年横芝町条例第8号。次項において「合併前の条例」という。)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

3 施行日の前日までにした行為に対する罰則の適用については、なお合併前の条例の例による。

(平成18年条例第136号)

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日から農業集落排水処理施設の指定管理者の指定の期間の始期の前日までの間における農業集落排水処理施設の管理については、なお従前の例による。

(平成26年条例第1号)

この条例は、平成26年4月1日から施行する。

(令和元年条例第5号)

この条例は、令和元年10月1日から施行する。

別表第1(第3条)

名称

処理区域

木戸台地区農業集落排水処理施設

横芝光町木戸台、谷台、牛熊、小堤、寺方の一部

中台地区農業集落排水処理施設

横芝光町中台(一部を除く。)

別表第2(第15条、第16条)

(平26条例1・令元条例5・一部改正)

区分

使用料

基本料金

加算額

一般家庭

2,000円

世帯人員1人当たり  500円

その他

2,000円

汚水量1立方メートル当たり 150円

備考

1 「世帯人員」とは、第15条の規定により使用料を納付すべき2使用月ごとについて、その前の月の初日(新たに農業集落排水処理施設の使用を開始し、又は休止した農業集落排水処理施設の使用を再開した場合にあっては、その使用の開始又は再開の日)における住民基本台帳に記載されている世帯人員をいう。

2 使用料は、この表に定めるところにより算定した額に100分の110を乗じて得た額(1円未満の端数があるときは、その端数を切り捨てる。)とする。

横芝光町農業集落排水処理施設条例

平成18年3月27日 条例第114号

(令和元年10月1日施行)

体系情報
第12編 公営企業/第2章 農業集落排水事業
沿革情報
平成18年3月27日 条例第114号
平成18年7月26日 条例第136号
平成26年3月24日 条例第1号
令和元年6月21日 条例第5号