○横芝光町農業集落排水処理施設条例施行規則

平成18年3月27日

規則第112号

(趣旨)

第1条 この規則は、横芝光町農業集落排水処理施設条例(平成18年横芝光町条例第114号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(排水設備の設置等の基準)

第2条 条例第6条第1号に規定する排水設備の新設、増設又は改築を行おうとする場合は、町長が別に定める排水設備設計基準により農業集落排水処理施設のますその他の排水施設に固着させなければならない。

(排水設備の新設等の計画の確認の申請)

第3条 条例第7条の規定による確認を受けようとする者又は確認を受けた計画を変更しようとする者は、排水設備新設等(変更)確認申請書(別記第1号様式)に次に掲げる書類(確認を受けた排水設備の新設等の計画を変更しようとする場合にあっては、次に掲げる書類のうち当該変更しようとする部分に係る書類)を添付し、工事の着工7日前までに町長に提出しなければならない。

(1) 次に掲げる事項を記載した縮尺250分の1以上の平面図。ただし、敷地の面積又は形状によりこれにより難いものとして町長が特に必要があると認めるものにあっては、その縮尺を500分の1とすることができる。

 排水設備の新設等を行おうとする土地(以下「申請地」という。)の境界

 申請地付近の道路及び農業集落排水処理施設の位置

 申請地内にある建物、台所、便所、浴室その他汚水を排除する施設の位置

 排水管の配置、形状、寸法及び勾配

 油脂遮断装置、防臭装置、ポンプ装置等を設けるときは、その位置及び構造詳細図

 その他汚水の排除状況を明らかにするために必要な事項

(2) 縦断図面(横は平面図の縮尺に準じ、縦は20分の1とし、農業集落排水処理施設のますまでを表示する。)

(3) 他人の土地に排水設備を設置する場合及び他人所有の建築物の便所を水洗便所に改築するときには、その同意書

(4) 排水設備の新設等の工事見積書

2 町長は、前項の申請があったときは、その内容を審査し、排水設備の設置及び構造に関する法令に適合すると認めたときは、排水設備新設等(変更)確認通知書(別記第2号様式)により当該申請者にその旨を通知するものとする。

(排水設備の工事)

第4条 条例第8条に規定する者の認定は、排水設備工事の施工監理に関する責任技術者認定試験に合格した者又は責任技術者認定試験に合格した者を有する業者及びこれと同等以上の技術を有していると認められる業者等であればこれを行うことができる。

2 条例第8条ただし書に規定する規則で定める軽微な工事は、次に掲げる工事とする。

(1) ますのふたの据付け又は取替え

(2) 防臭装置その他附帯設備の修繕

(工事完了の届出等)

第5条 条例第9条第1項に規定する排水設備の新設等を行った者が行う工事完了の届出は、排水設備工事完了届(別記第3号様式)によるものとする。

(工事完了検査済証の交付)

第6条 条例第9条第3項に規定する検査済証は、排水設備工事完了検査済証(別記第4号様式)によるものとする。

(使用開始等の届出)

第7条 条例第13条の規定による届出は、農業集落排水処理施設使用開始届(別記第5号様式)を町長に提出して行うものとする。

(指定管理者による管理)

第8条 条例第20条第1項の規定により指定管理者に管理を行わせる場合においては、第10条中「町長」とあるのは「指定管理者」と読み替えるものとする。

2 条例第21条第1項の規定により指定管理者の収入として利用料金を収受させる場合における利用料金の徴収方法及び減免方法は、指定管理者が町長の承認を得て定めるものとする。

3 第9条の規定は、条例第21条第1項の規定により指定管理者の収入として収受させる利用料金について準用する。この場合において、同条(見出しを含む。)中「使用料」とあるのは「利用料金」と、「町長」とあるのは「指定管理者」と読み替えるものとする。

4 第12条第1項各号の規定は、条例第21条第4項に規定する町長の承認を得て定める基準について準用する。この場合において、同項第2号中「町長」とあるのは「指定管理者」と読み替えるものとする。

(平18規則127・追加、平25規則16・一部改正)

(使用料の徴収方法)

第9条 町長は、条例第15条第1項に規定する使用料を農業集落排水処理施設使用料納入通知書兼領収書(別記第6号様式)により徴収するものとする。

2 町長は、使用者が条例第15条第2項に規定する期日までに使用料を納入しない場合は、農業集落排水処理施設使用料督促状(別記第7号様式)により督促するものとする。

(平18規則127・旧第8条繰下)

(使用料)

第10条 条例第15条第3項において条例別表第2に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 一般家庭 日常生活の用に供する家屋をいう。

(2) その他 家屋の全部又は一部を事業の用に供する家屋(事業所等)、公共的施設及び別荘をいう。

2 前項第2号におけるその他の汚水量の算定については、次に定めるところによる。

(1) 上水道を使用した場合は、上水道の使用水量とする。

(2) 上水道以外の水を使用した場合は、使用者の使用の態様を勘案して町長が認定する。

3 一般家庭とその他が同一の公共ますで接続されている場合は、次に定めるところによる。

(1) 条例別表第2に定める一般家庭とその他の算出額を比較して高い額を使用料とする。

(2) その他において製造業及び飲食業を営み、上水道を使用している者は、条例別表第2に定める一般家庭とその他の算出額を合算した使用料とする。

(平18規則127・旧第9条繰下)

(使用者の変更)

第11条 条例第18条に規定する届出は、農業集落排水処理施設使用者変更届(別記第8号様式)を町長に提出して行うものとする。

(平18規則127・旧第10条繰下)

(使用料の減免の申請)

第12条 条例第19条に規定する使用料の減額又は免除は、次の各号のいずれかに該当する者に行うものとする。

(1) 震災、風水害、火災その他これらに類する災害を受けて支払が困難と認められる者

(2) 前号に掲げる者のほか、町長が特に必要があると認める者

2 使用料の減免を受けようとする者は、農業集落排水処理施設使用料減免申請書(別記第9号様式)を町長に提出しなければならない。

3 町長は、前項の申請があったときは、内容を審査してその適否を決定し、農業集落排水処理施設使用料減免決定通知書(別記第10号様式)により申請者に通知するものとする。

(平18規則127・旧第11条繰下、平25規則16・一部改正)

(その他)

第13条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

(平18規則127・旧第12条繰下)

(施行期日)

1 この規則は、平成18年3月27日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の横芝町農業集落排水処理施設条例施行規則(平成12年横芝町規則第14号)の規定によりなされた手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

(平成18年規則第127号)

この規則は、公布の日から施行する。

(平成20年規則第15号)

この規則は、公布の日から施行する。

(平成22年規則第1号)

この規則は、平成22年4月1日から施行する。

(平成25年規則第16号)

この規則は、公布の日から施行する。

(平成28年規則第23号)

この規則は、平成28年6月1日から施行する。

(平成31年規則第3号)

この規則は、平成31年4月1日から施行する。

(令和5年規則第2号)

(施行期日)

1 この規則は、令和5年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際現にあるこの規則による改正前の様式による用紙については、当分の間、これを取り繕って使用することができる。

(令和5年規則第21号)

この規則は、令和5年10月1日から施行する。

(令和6年規則第16号)

この規則は、令和6年4月1日から施行する。

(令5規則2・一部改正)

画像

画像

(令5規則2・一部改正)

画像

画像

(令5規則2・一部改正)

画像

(令6規則16・全改)

画像画像

画像

(平18規則127・令5規則2・一部改正)

画像

(令5規則2・一部改正)

画像

画像

横芝光町農業集落排水処理施設条例施行規則

平成18年3月27日 規則第112号

(令和6年4月1日施行)

体系情報
第12編 公営企業/第2章 農業集落排水事業
沿革情報
平成18年3月27日 規則第112号
平成18年7月26日 規則第127号
平成20年7月1日 規則第15号
平成22年2月24日 規則第1号
平成25年5月22日 規則第16号
平成28年5月27日 規則第23号
平成31年2月8日 規則第3号
令和5年1月26日 規則第2号
令和5年9月22日 規則第21号
令和6年3月27日 規則第16号