○横芝光町学校事務共同実施運営協議会要綱

平成21年5月22日

教育委員会告示第4号

(趣旨)

第1条 この訓令は、横芝光町学校事務共同実施要綱(平成21年横芝光町教育委員会訓令第3号。以下「実施要綱」という。)第2条第6項の規定に基づき、横芝光町学校事務共同実施運営協議会(以下「協議会」という。)に関し必要な事項を定めるものとする。

(所掌事務)

第2条 協議会は、学校事務共同実施(以下「共同実施」という。)に関し、横芝光町教育委員会(以下「教育委員会」という。)の諮問に応じるとともに、学校事務共同実施組織(以下「共同実施組織」という。)に対し、共同実施を行う上で必要な指導及び助言を行う。

(構成員)

第3条 協議会の構成員は、次のとおりとする。

(1) 実施要綱第2条第4項に規定する共同実施主任

(2) 共同実施を行う学校の事務職員代表

(3) 共同実施拠点校(以下「拠点校」という。)の校長及び校長会代表

(4) 教頭会代表

(5) 教育委員会事務局職員

(会長及び副会長)

第4条 協議会に会長1人、副会長1人を置き、構成員のうちから互選する。

2 会長は、会務を総理し、協議会を代表する。

3 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるときは、会長の職務を代理する。

(会議)

第5条 協議会の会議(以下「会議」という。)は、教育委員会が招集し、会長が会議の議長となる。

(指導及び助言)

第6条 共同実施組織に対する指導及び助言は、次に掲げる事項について行うものとする。

(1) 学校運営及び経営の参画に関すること。

(2) 事務組織の整備に関すること。

(3) 事務の効率化及び適正化に関すること。

(4) 各学校の教育支援に関すること。

(5) 職場内研修(OJT)に関すること。

(6) その他共同実施によることが適当と認められる業務

(庶務)

第7条 協議会の庶務は、拠点校及び教育委員会において行う。

(その他)

第8条 この訓令に定めるもののほか、協議会に関し必要な事項は、教育長が別に定める。

この訓令は、公示の日から施行する。

横芝光町学校事務共同実施運営協議会要綱

平成21年5月22日 教育委員会告示第4号

(平成21年5月22日施行)

体系情報
第7編 育/第2章 学校教育
沿革情報
平成21年5月22日 教育委員会告示第4号