○横芝光町農地利用最適化推進委員委嘱に関する要綱

平成27年12月25日

農業委員会告示第1号

(目的)

第1条 この告示は、農業協同組合法等の一部を改正する等の法律(平成27年法律第63号)第2条の規定による改正後の農業委員会等に関する法律(昭和26年法律第88号、以下「新農業委員会法」という。)、農業委員会等に関する法律施行令(昭和26年政令第78号)、及び農業委員会等に関する法律施行規則(昭和26年農林省令第23号)に基づき、横芝光町農地利用最適化推進委員(以下「推進委員」という。)の委嘱の手続き等について、必要な事項を定めることを目的とする。

(担当区域及び定員)

第2条 新農業委員会法第17条第2項による推進委員が担当する区域及び各区域において委嘱すべき推進委員の定員は、次のとおりとする。

担当区域

区域内の大字

定員

大総

木戸台、小堤、寺方、曽根合、於幾、坂田、坂田池、取立、長倉、姥山、遠山、中台、牛熊、谷台

3人

横芝

横芝、古川、両国新田、栗山、鳥喰新田、鳥喰上、鳥喰下

2人

上堺

北清水、新島、新島旧三島、新島旧新堀、屋形

2人

日吉

篠本、新井、宝米、市野原、二又

2人

南条

小川台、台、傍示戸、富下、虫生、小田部、母子、芝崎、芝崎南

2人

東陽

宮川、谷中、目篠、上原、原方

2人

白浜

木戸、尾垂イ、尾垂ロ

2人

(平30農委告示1・令3農委告示1・一部改正)

(推薦及び募集の内容)

第3条 新農業委員会法第19条第1項に規定する推薦の求め及び募集は、次のとおりとする。

(1) 町内全域からの推薦

(2) 団体等からの推薦

(3) 一般募集

(推薦及び応募の資格)

第4条 推進委員の推薦を受ける者及び募集に応じる者は、農地等の利用の最適化の推進に熱意と識見を有する者で、推進委員委嘱予定日において、次の各号のいずれにも該当する者とする。

(1) 地域農業の振興及び発展に意欲のある者

(2) 横芝光町職員でない者

(3) 農業委員会の委員でない者

(推薦及び募集手続等)

第5条 推進委員の推薦の求め及び募集にあたっては、推薦又は応募するために必要な事項を、次に掲げる方法によって農業者等へ周知するものとする。

(1) 町広報誌及び町農業委員会だよりへの掲載

(2) 町掲示場への掲示

(3) 町ホームページへの掲載

(4) その他

2 推進委員の推薦にあたっては、第3条第1号による場合は農業者等3人以上が連名しその代表者が、第2条第2号による場合は当該団体等の代表者が農地利用最適化推進委員候補者推薦届出書(別記第1号様式)を農業委員会長へ提出するものとする。

3 推進委員の募集に応募しようとする者は、農地利用最適化推進委員候補者応募書(別記第2号様式)を農業委員会長へ提出するものとする。

4 委員の推薦の求め及び募集の期間は、おおむね1月とする。

(令3農委告示1・令4農委告示1・一部改正)

(推進委員候補者の選考)

第6条 第5条の規定により推薦を受けた者及び募集に応じた者(以下「推進委員候補者」という。)について、農業委員会は、農業委員会の委員の会議(以下「総会」という。)において、推進委員を選考するものとする。

(推進委員の委嘱)

第7条 農業委員会は、総会において、推進委員を決定し委嘱するものとする。

(推進委員の補充)

第8条 推進委員に欠員が生じた場合は、この告示に定める手続きに従い、速やかに推進委員の補充に努めなければならない。

2 欠員の補充により委嘱された推進委員の任期は、当該欠員となった推進委員の残任期間とする。

(その他)

第9条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は別に定める。

この告示は、公示の日から施行する。

(平成30年農委告示第1号)

この告示は、平成31年4月1日から施行する。

(令和3年農委告示第1号)

この告示は、公示の日から施行する。

(令和4年農委告示第1号)

この告示は、公示の日から施行する。

(令4農委告示1・一部改正)

画像画像

(令4農委告示1・一部改正)

画像

横芝光町農地利用最適化推進委員委嘱に関する要綱

平成27年12月25日 農業委員会告示第1号

(令和4年12月22日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第1章 農業委員会
沿革情報
平成27年12月25日 農業委員会告示第1号
平成30年12月17日 農業委員会告示第1号
令和3年8月27日 農業委員会告示第1号
令和4年12月22日 農業委員会告示第1号