○米沢市建設工事指名競争入札参加者の格付に関する規程

平成6年3月31日

告示第52号

(趣旨)

第1条 この規程は、本市が発注する建設工事の請負に係る指名競争入札参加者の等級別格付について、必要な事項を定めるものとする。

(格付をする建設工事の種類)

第2条 等級別格付は、建設業法(昭和24年法律第100号)第2条に規定する建設工事のうち、次の建設工事について行うものとする。

(1) 土木一式工事

(2) 建築一式工事

(3) 舗装工事

(4) 電気工事

(5) 管工事

(6) 水道施設工事

(平21告示41・一部改正)

(格付の方法)

第3条 市長は、米沢市契約規則(昭和53年米沢市規則第5号。以下「規則」という。)第23条第2項の規定により指名競争入札参加者登録簿(規則様式第6号(以下「登録簿」という。))に登録したときは、建設業法第27条の23に規定する経営に関する客観的事項の審査により算出された総合評定値及び同法第3条第1項第2号に掲げる者に係る同項の許可(同条第3項の許可の更新を含む。以下「特定建設業の許可」という。)の有無により等級別格付を行うものとする。ただし、本市の区域内に本店を有する者及び本市の区域内に支店、営業所等を有し当該支店、営業所等において契約締結の権限を有する代理人を置く者にあっては、当該総合評定値に別表第1に掲げる発注者別評価点を加算した総合点数により等級別格付を行うものとする。

(平7告示112・平11告示52・平20告示196・一部改正)

(格付の基準)

第4条 等級別格付の基準は、別表第2に定めるところによるものとする。ただし、建設業の営業開始後1年を経過しない者は、原則として新たに登録簿に登録した日から起算して1年間は、最下位の等級に格付するものとする。

(平7告示112・平9告示70・平11告示52・一部改正)

(設計金額に対応する等級)

第5条 建設工事の設計金額に対応する等級は、別表第3に定めるとおりとする。ただし、緊急を要する建設工事、特別な技術を要する建設工事その他特に市長が必要と認める建設工事については、この限りでない。

(平8告示104・平11告示52・一部改正)

(格付の通知及び公表)

第6条 市長は、第3条及び第4条の規定により等級別格付を行った者に対し、格付した等級を通知するとともに、登録簿により閲覧に供するものとする。

(閲覧の期間)

第7条 登録簿の閲覧の期間は、第10条に規定する期間とする。ただし、次に掲げる日を除く。

(1) 土曜日及び日曜日

(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(3) 12月29日から翌年1月3日までの日(前号に掲げる日を除く。)

(閲覧の場所及び時間)

第8条 閲覧の場所は、総務部契約検査課とする。

2 閲覧の時間は、午前8時30分から午後5時までとする。

(閲覧の申請)

第9条 登録簿を閲覧しようとする者は、閲覧申請書(別記様式)を市長に提出しなければならない。

(格付の有効期間)

第10条 等級別格付の有効期間は、規則第23条第3項及び第4項の期間とする。

(その他)

第11条 この規程に定めのない事項及びこれにより難い事項については、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規程は、平成6年4月1日(以下「施行日」という。)から施行する。

(経過措置)

2 この規程の施行日前に登録簿に登録され、格付されている者は、第3条の規定にかかわらず、施行日から1年間に限り同条により格付されたものとみなす。

附 則(平成7年4月26日告示第112号)

この規程は、公布の日から施行し、改正後の米沢市建設工事指名競争入札参加者の格付に関する規程は、平成7年4月1日から適用する。

附 則(平成8年4月25日告示第104号)

この規程は、平成8年5月1日から施行する。

附 則(平成9年4月1日告示第70号)

この規程は、平成9年4月1日から施行する。

附 則(平成11年3月26日告示第52号)

この規程は、平成11年4月1日から施行する。

附 則(平成20年12月4日告示第196号)

(施行期日)

この規程は、公布の日から施行する。

(経過措置)

改正後の第3条及び別表第1の規定は、平成21年度以降における建設工事の指名競争入札参加者登録簿への登録の際に行う等級別格付から適用し、平成20年度までの等級別格付については、なお従前の例による。

附 則(平成21年3月31日告示第41号)

この規程は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成22年12月22日告示第244号)

(施行期日)

1 この規程は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 改正後の規定は、平成23年度以降における建設工事の指名競争入札参加者登録簿への登録の際に行う等級別格付から適用し、平成22年度までの等級別格付については、なお従前の例による。

附 則(平成23年3月31日告示第59号)

この規程は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成25年3月1日告示第24号)

(施行期日)

1 この規程は、平成25年3月1日から施行する。

(経過措置)

2 改正後の規定は、平成25年度以降における建設工事の指名競争入札参加者登録簿への登録の際に行う等級別格付から適用し、平成24年度までの等級別格付については、なお従前の例による。

附 則(平成25年3月21日告示第36号)

(施行期日)

1 この規程は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 改正後の規定は、平成25年度以降における建設工事の指名競争入札参加者登録簿への登録の際に行う等級別格付から適用し、平成24年度までの等級別格付については、なお従前の例による。

附 則(平成26年10月23日告示第243号)

(施行期日)

1 この規程は、平成26年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 改正後の規定は、平成27年度以降における建設工事の指名競争入札参加者登録簿への登録の際に行う等級別格付から適用し、平成26年度までの等級別格付については、なお従前の例による。

附 則(平成28年10月31日告示第245号)

(施行期日)

1 この規程は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 改正後の米沢市建設工事指名競争入札参加者の格付に関する規程の規定は、平成29年度以降における建設工事の指名競争入札参加者登録簿への登録の際に行う等級別格付から適用し、平成28年度までの等級別格付については、なお従前の例による。

附 則(平成30年10月25日告示第211号)

この規程は、平成31年4月1日から施行する。

附 則(令和元年6月24日告示第43号)

(施行期日)

1 この規程は、令和元年7月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規程による改正前の本則各号に掲げる規程の規定により作成された様式の用紙は、なお当分の間、使用することができる。

別表第1(第3条関係)

(平20告示196・全改、平22告示244・平25告示24・平26告示243・平28告示245・平30告示211・一部改正)

発注者別評価点

1 規則第23条第1項に規定する米沢市建設工事請負契約競争入札参加資格審査申請書(以下「申請書」という。)が提出された日の属する年度の前年度及び前々年度に米沢市建設工事等検査規程(平成5年米沢市訓令第18号)第4条第2項に規定する完成検査が終了した本市発注の工事の同規程第9条第1項に規定する工事成績の評定による数値

工事成績の評定

数値

(減)点=(工事成績-75点)×4点

150~-150点

2 申請書が提出された日の属する年度及び前年度に米沢市優秀建設工事表彰を受けた本市発注の工事の件数による数値

米沢市優秀建設工事表彰を受けた工事の件数

数値

1件につき

20点

3 申請書が提出された日の属する年の前年及び前々年に指名停止を受けたこと等による数値

指名停止等の内容

数値

米沢市建設工事請負指名停止規程(平成6年米沢市告示第66号。以下「規程」という。)第2条第2項に規定する指名停止の期間(この期間に1月未満の端数があるときは、これを1月として切り上げた期間)1月につき

-15点

規程第17条に規定する警告又は注意の喚起(文書によるものに限る。)1回につき

-10点

規程第17条に規定する警告又は注意の喚起(口頭によるものに限る。)1回につき

-5点

4 国際標準化機構(ISO)規格の取組

内容

数値

ISO9000シリーズの認証取得

10点

ISO14000シリーズの認証取得

10点

5 障がい者雇用の取組

内容

数値

審査基準日時点で、雇用する身体障害者、知的障害者又は精神障害者である労働者の数が、障害者の雇用の促進等に関する法律(昭和35年法律第123号)第43条第1項に規定する数以上である。(ただし、常時雇用する労働者が45.5人未満の事業主の場合は、1人以上である。)

10点

6 子育て支援の取組(審査基準日時点で、次の要件を満たしていること。)

内容

数値

常時雇用する労働者の数が100人を超える企業

次世代育成支援対策推進法(平成15年法律第120号)に基づく「一般事業主行動計画」の策定・届出を行い、かつ、就業規則において育児休業制度を規定している。

10点

常時雇用する労働者の数が100人以下の企業

次世代育成支援対策推進法に基づく「一般事業主行動計画」の策定・届出を行い、又は就業規則において育児休業制度を規定している。

10点

7 消防団協力事業所の認定

内容

数値

審査基準日時点で、米沢市消防団協力事業所表示制度実施要綱(平成23年米沢市告示第28号)第4条に規定する認定を受けている又は同要綱第3条に規定する申請をしている。

10点

8 新規学卒者の採用

内容

数値

審査基準日から過去2年の間に新規学卒者を採用し、審査基準日時点で常用雇用している。

1人につき5点(上限10点)

9 更生保護の再犯の防止等の推進に関する法律(平成28年法律第104号)第14条に規定する協力雇用主の登録及び実績

内容

数値

協力雇用主として法務省山形保護観察所に登録し、審査基準日から過去2年の間に事業所見学会の受入れ、職場体験講習の受入れ又は保護観察若しくは更生緊急保護の対象者の雇用(トライアル雇用(雇用保険法施行規則(昭和50年労働省令第3号)第110条の3第2項第1号に規定する雇入れをいう。)を含む。)のいずれかを行っている。

4点

10 健康経営優良法人の認定及びやまがた健康企業宣言の登録

内容

数値

日本健康会議の健康経営優良法人の認定

10点

健康保険法(大正11年法律第70号)第7条の2第1項に規定する全国健康保険協会の山形支部へのやまがた健康企業宣言の登録

5点

備考

1 第1項及び第2項の表は、これらの表の左欄に掲げる事由が生じた工事の工種(建設工事の種類をいう。以下同じ。)と同一の工種への等級別格付を行う場合に適用する。

2 第3項から第10項までの表は、第2条第2項各号に掲げるすべての工種への等級別格付を行う場合に適用する。

別表第2(第4条関係)

(平21告示41・全改、平23告示59・平25告示36・平26告示243・平30告示211・一部改正)

1 土木一式工事

等級

建設業者の総合評定値又は総合点数

A

800点以上

B

650点以上800点未満

C

650点未満

備考 総合評定値又は総合点数が800点以上であっても特定建設業の許可を受けていない者にあっては、等級Bに格付するものとする。

2 建築一式工事

等級

建設業者の総合評定値又は総合点数

A

800点以上

B

600点以上800点未満

C

600点未満

備考 総合評定値又は総合点数が800点以上であっても特定建設業の許可を受けていない者にあっては、等級Bに格付するものとする。

3 舗装工事

等級

建設業者の総合評定値又は総合点数

A

700点以上

B

700点未満

4 電気工事

等級

建設業者の総合評定値又は総合点数

A

800点以上

B

800点未満

5 管工事

等級

建設業者の総合評定値又は総合点数

A

750点以上

B

750点未満

6 水道施設工事

等級

建設業者の総合評定値又は総合点数

A

600点以上

B

600点未満

別表第3(第5条関係)

(平21告示41・全改、平23告示59・平25告示36・平26告示243・平30告示211・一部改正)

1 土木一式工事

設計金額

等級

3,500万円以上

A

1,000万円以上3,500万円未満

A及びB

500万円以上1,000万円未満

B及びC

500万円未満

D

2 建築一式工事

設計金額

等級

5,000万円以上

A

1,000万円以上5,000万円未満

A及びB

1,000万円未満

B及びC

3 舗装工事

設計金額

等級

1,000万円以上

A

1,000万円未満

B

4 電気工事

設計金額

等級

1,000万円以上

A

1,000万円未満

B

5 管工事

設計金額

等級

1,000万円以上

A

1,000万円未満

B

6 水道施設工事

設計金額

等級

2,000万円以上

A

2,000万円未満

B

(令元告示43・一部改正)

画像

米沢市建設工事指名競争入札参加者の格付に関する規程

平成6年3月31日 告示第52号

(令和元年7月1日施行)

体系情報
第6編 務/第1章 財産・契約
沿革情報
平成6年3月31日 告示第52号
平成7年4月26日 告示第112号
平成8年4月25日 告示第104号
平成9年4月1日 告示第70号
平成11年3月26日 告示第52号
平成20年12月4日 告示第196号
平成21年3月31日 告示第41号
平成22年12月22日 告示第244号
平成23年3月31日 告示第59号
平成25年3月1日 告示第24号
平成25年3月21日 告示第36号
平成26年10月23日 告示第243号
平成28年10月31日 告示第245号
平成30年10月25日 告示第211号
令和元年6月24日 告示第43号