○米沢市農業振興組合長に関する規則

平成7年7月4日

規則第45号

(趣旨)

第1条 この規則は、本市の農業行政の円滑な運営を図るため、米沢市農業振興組合長(以下「組合長」という。)の設置について必要な事項を定めるものとする。

(職務)

第2条 組合長の職務は、次のとおりとする。

(1) 農業行政の周知徹底に関すること。

(2) その他市長が必要と認めること。

(委嘱)

第3条 市長は、地域の特殊性、農家戸数等を考慮し、農業を営む者のうちから、組合長を委嘱する。

(任期)

第4条 組合長の任期は、4月1日から翌年3月31日までとし、補欠の組合長の任期は、前任者の残任期間とする。ただし、再任を妨げない。

(会議)

第5条 市長は、必要に応じ組合長を招集し、会議を開くことができる。

(庶務)

第6条 組合長に関する庶務は、産業部農林課において処理する。

(平9規則1・一部改正)

(その他)

第7条 この規則に定めるもののほか、組合長に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(米沢市農業振興組合設置規則の廃止)

2 米沢市農業振興組合設置規則(昭和56年規則第21号)は、廃止する。

(経過措置)

3 この規則の施行前に前項の規定による廃止前の米沢市農業振興組合設置規則の規定により選任された組合長は、この規則第3条の規定により委嘱された組合長とみなす。

附 則(平成9年1月22日規則第2号)

この規則は、平成9年4月1日から施行する。

米沢市農業振興組合長に関する規則

平成7年7月4日 規則第45号

(平成9年1月22日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章 林/第1節
沿革情報
平成7年7月4日 規則第45号
平成9年1月22日 規則第2号