○米沢市採草地の設置及び管理に関する条例

昭和61年3月26日

条例第14号

(設置)

第1条 本市の畜産振興を図るため、採草地を設置する。

2 採草地の名称、位置及び面積は、次のとおりとする。

名称

位置

面積

米沢市田沢採草地

米沢市大字口田沢増子他屋

20.87ヘクタール

(平17条例33・旧第2条繰上)

(利用計画)

第2条 市長は、採草地の草生状況を考慮し、採草地の利用計画を定めるものとする。

(平17条例33・旧第3条繰上)

(採草地の使用者)

第3条 採草地を使用することができるものは、本市に住所を有する農業者及び農業団体とする。

(平17条例33・旧第4条繰上)

(使用の許可)

第4条 採草地を使用するものは、あらかじめ市長の許可を受けなければならない。

(平17条例33・旧第5条繰上)

(使用料)

第5条 採草地の使用料は、1ヘクタール当たり年額59,400円とする。

(平元条例38・平9条例37・一部改正、平17条例33・旧第6条繰上、平25条例65・一部改正)

(使用料の減免等)

第6条 市長は、災害その他特別の理由により、前条に規定する使用料を納入することが困難であると認めたときは、これを減免し、又は延納若しくは分納させることができる。

(平17条例33・旧第7条繰上)

(指定管理者による管理)

第7条 市長は、採草地の管理を地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項の規定により、指定管理者(同項に規定する指定管理者をいう。以下同じ。)に行わせることができる。

2 前項の規定により採草地の管理を指定管理者に行わせる場合において、当該指定管理者が行う業務は、次のとおりとする。

(1) 使用の許可に関すること。

(2) 採草地の維持管理に関すること。

(3) その他市長が必要と認めること。

3 前項の規定により指定管理者が業務を行う場合においては、第2条及び第4条中「市長」とあるのは、「指定管理者」とする。

(平17条例33・追加)

(委任)

第8条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

(平17条例33・旧第9条繰上)

附 則

この条例は、昭和61年4月1日から施行する。

附 則(平成元年3月29日条例第38号)

この条例は、平成元年4月1日から施行する。

附 則(平成6年3月30日条例第2号)

この条例は、平成6年4月1日から施行する。

附 則(平成9年3月31日条例第37号)

この条例は、平成9年4月1日から施行する。

附 則(平成17年6月30日条例第33号)

この条例は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成25年12月19日条例第65号)

この条例は、平成26年4月1日から施行する。

米沢市採草地の設置及び管理に関する条例

昭和61年3月26日 条例第14号

(平成26年4月1日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章 林/第1節
沿革情報
昭和61年3月26日 条例第14号
平成元年3月29日 条例第38号
平成6年3月30日 条例第2号
平成9年3月31日 条例第37号
平成17年6月30日 条例第33号
平成25年12月19日 条例第65号