○米沢市農林水産業施設災害復旧事業分担金徴収条例施行規則

昭和52年3月31日

規則第7号

(申請)

第2条 受益者の代表者は、災害が発生し、これを復旧しようとするときは、農林水産業施設災害復旧事業申請書(別記様式)を市長に提出しなければならない。

(査定)

第3条 市長は、前条の申請書を受理したときは、すみやかに調査のうえ査定の手続きをしなければならない。

(賦課期日及び納期)

第4条 分担金の賦課期日は、事業認可の日とする。

2 分担金の納期は、納入通知書を発した日から起算して30日以内とする。ただし、特別の事情があると認められる場合は、市長が別に定める。

(賦課及び納入方法)

第5条 分担金は、受益者の代表者に一括賦課するものとする。

2 分担金の納入は、当該事業地の受益者の代表者とする。

(納入の通知)

第6条 分担金の納入の通知は、納期限前20日までに納付者に通知するものとする。

(帳簿の備付け)

第7条 市長は、分担金賦課徴収を明らかにするため次の帳簿を備えなければならない。

(1) 分担金賦課簿

(2) 分担金徴収簿

(3) その他必要な帳簿

(委任)

第8条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、昭和52年4月1日から施行する。

附 則(平成12年6月27日規則第42号)

この規則は、公布の日から施行する。

(平12規則42・一部改正)

画像

米沢市農林水産業施設災害復旧事業分担金徴収条例施行規則

昭和52年3月31日 規則第7号

(平成12年6月27日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章 林/第2節 分担金
沿革情報
昭和52年3月31日 規則第7号
平成12年6月27日 規則第42号