○米沢市建設工事成績評定要綱

平成20年3月31日

告示第34号

(趣旨)

第1条 この要綱は、本市が発注する建設工事(以下「工事」という。)の成績評定(以下「評定」という。)を行うに当たり、厳正かつ的確な評定の実施を図り、受注業者の適正な選定及び指導育成に資するため、評定に関し必要な事項を定めるものとする。

(平24告示66・一部改正)

(評定の対象)

第2条 評定は、1件の契約金額が130万円を超える工事について行うものとする。

(評定の内容)

第3条 評定は、施工体制、施工状況、出来形及び出来栄え、高度技術力、創意工夫、社会性等の評価項目について行うものとする。

(評定者)

第4条 評定を行う者(以下「評定者」という。)は、監督職員(当該工事を監督する担当係長(担当主査を含む。)又は担当職員をいう。)、技術総括者(当該工事の内容を把握する工事担当課の課長又は課長補佐をいう。)(以下「監督職員等」という。)及び検査員(契約検査課の職員をいう。)とする。

(評定の方法)

第5条 評定は、各評価項目について、工事ごと、評定者ごとに独立して的確かつ公正に行うものとする。ただし、当該工事の監督職員等が複数の場合又は当該工事の検査員が複数の場合においては、相互に協議して評定を行うものとする。

2 検査の結果、手直しがあった工事については、手直し前の状態を評定するものとする。

3 評定の結果は、次に掲げる様式(以下「評定表等」という。)に記録するものとする。

(1) 工事成績評定表(様式第1号)

(2) 工事成績採点表(様式第2号)

(3) 細目別評定点採点表(様式第3号)

(評定の時期)

第6条 評定は、監督職員等については当該工事が完成したとき、検査員については検査を実施したときにそれぞれ行うものとする。

(評定表等の提出)

第7条 工事担当課の長は、評定が終了したときは、契約検査課長に評定表等を提出するものとする。

(評定結果の通知)

第8条 市長は、検査報告があったときは、当該工事の受注者に対し、工事成績評定通知書(様式第4号)及び項目別評定点(様式第5号)により速やかに通知するものとする。

(平24告示66・一部改正)

(評定の修正)

第9条 市長は、前条の評定結果の通知をした後に、当該評定を修正する必要があると認められる場合は、評定を修正することができる。

2 前項の修正を行ったときは、その結果を当該工事の受注者に対し、工事成績評定通知書(様式第4号)及び項目別評定点(様式第5号)により速やかに通知するものとする。

(平24告示66・一部改正)

(説明請求及び回答)

第10条 第8条又は前条第2項による通知を受けた者は、通知を受けた日から起算して14日以内に、工事成績評定に係る説明請求書(様式第6号)により市長に対して評定の内容について説明を求めることができる。

2 市長は、前項による説明を求められたときは、工事成績評定に係る説明書(様式第7号)により回答するものとする。

(評定結果等の公表)

第11条 第8条又は第9条第2項の通知内容、前条第1項の説明請求書及び同条第2項の説明書(以下「工事成績評定通知書等」という。)は、総務部契約検査課の閲覧所において公表するものとする。

(閲覧の申請等)

第12条 工事成績評定通知書等を閲覧しようとする者は、工事成績評定結果等の閲覧申請書(様式第8号)を市長に提出しなければならない。

2 閲覧の期間は、当該通知等を行った日の翌日から当該通知等を行った日の属する年度の翌年度の3月31日までとする。ただし、次に掲げる日を除く。

(1) 日曜日及び土曜日

(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日(前号に掲げる日を除く。)

(3) 12月29日から1月3日までの日(前2号に掲げる日を除く。)

3 閲覧時間は、午前9時から午後4時までとする。

(その他)

第13条 この要綱に定めるもののほか、評定について必要な事項は、別に定めるものとする。

附 則

この要綱は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成24年3月30日告示第66号)

この要綱は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成26年3月25日告示第65号)

この要綱は、平成26年4月1日から施行する。

(平24告示66・一部改正)

画像

画像

画像

(平24告示66・平26告示65・一部改正)

画像

画像

(平26告示65・一部改正)

画像

(平24告示66・平26告示65・一部改正)

画像

画像

米沢市建設工事成績評定要綱

平成20年3月31日 告示第34号

(平成26年4月1日施行)