○米沢市新規就農者研修体制の整備に関する要綱

平成22年4月16日

農委告示第6号

(趣旨)

第1条 この要綱は、米沢市で新規に就農を希望し、農地等を利用する者(以下「新規就農者」という。)に対し、米沢市農業委員会が農家における実践的な研修(以下「農業研修」という。)を受けられる農家の情報等を提供するとともに、農業研修体制を整備することにより、新規就農者の育成を図り、もって本市の農業振興に寄与することを目的とする。

(内容)

第2条 新規就農者で研修を希望する者(以下「研修希望者」という。)への農業研修を実施する農家(以下「受入農家」という。)に対し、農業研修の指導に対する指導謝礼金を支給するものとする。

(対象者)

第3条 対象となる研修希望者及び受入農家は、次のとおりとする。

(1) 研修希望者は、米沢市内で新規に就農を希望し、農地等を利用する65歳までの者とする。

(2) 受入農家は、米沢市農業委員会が紹介する米沢市認定農業者とする。

(指導謝礼金)

第4条 会長は、研修が適正に実施されたと認めたときは、受入農家に対し指導謝礼金を支給する。

2 前項に規定する指導謝礼金は、受入農家一戸につき、30日当たり1万円以内の額とする。ただし、助成対象の研修期間を30日で除したときに、30日未満の端数日が生じた場合は、1日当たり300円に当該端数の日数を乗じて得た額とする。

(その他)

第5条 この要綱に定めるほか、必要な事項については、会長が別に定めるものとする。

附 則

この要綱は、公布の日から施行する。

米沢市新規就農者研修体制の整備に関する要綱

平成22年4月16日 農業委員会告示第6号

(平成22年4月16日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第1章 農業委員会
沿革情報
平成22年4月16日 農業委員会告示第6号