○吉賀町表彰条例

平成17年10月1日

吉賀町条例第4号

(目的)

第1条 この条例は、町の政治、経済、文化、スポーツその他各般にわたって町勢振興に寄与し、その功績又は善行が顕著な者を表彰することを目的とする。

(表彰の種類)

第2条 表彰は、特別功労表彰及び功労表彰の2種とする。

(特別功労表彰)

第3条 特別功労表彰は、本町の町民又は出身者で、公共の福祉を増進し、又は産業文化の進展に寄与しその功績顕著にして、特に人格、識見共に卓絶し、町民の師表として仰がれるものについて行う。

2 特別功労者には、吉賀町名誉町民章及び表彰状並びに記念品を贈り、顕彰する。

(功労表彰)

第4条 功労表彰は、次の各号のいずれかに該当する者のうちから功績顕著なものについて行う。

(1) 町の行う事業に尽力し、又は公務に協力し、成績顕著な者

(2) 産業、経済、福祉、教育、文化、スポーツその他各般の振興発展に特に功労のあった者

(3) 善行特に優れ町民の模範となる者

(4) 町の公益福祉のため多額の金品を寄附した者

2 功労者には、表彰状及び記念品を贈呈する。

(準用)

第5条 前条の規定は、団体に対してもこれを準用する。

(特別功労者に対する待遇)

第6条 特別功労者には、次の待遇をすることができる。

(1) 町が行う式典に招待

(2) 死亡の際における相当の礼をもってする弔慰

(3) その他町長が必要と認める待遇

(審議会の設置)

第7条 町長の諮問に応じ、表彰者の選考に関し、審議を行う吉賀町表彰審議会(以下「審議会」という。)を置く。

2 審議会の組織及び運営に関し必要な事項は、町長が別に定める。

(表彰者の決定)

第8条 表彰者の決定は、審議会の審議を経て町長が決定する。ただし、第3条及び第4条の表彰は、議会の同意を得るものとする。

(表彰の方法)

第9条 表彰式は、毎年度1回町長が行い、その期日は、おおむね年度の後半で町長が決定する。

2 当該年度における被表彰者が少数の場合、後年度において表彰することができる。

3 被表彰者の氏名及び表彰事績の要旨は、町広報に掲載してこれを公表するものとする。

(追彰)

第10条 この条例によって被表彰者となった者が死亡者である場合は、名誉町民章及び表彰状並びに記念品は、その遺族に贈る。

(表彰者名簿)

第11条 表彰者の氏名その他必要な事項は、名簿に登録し、永久に保存するものとする。

(名誉町民章のはい用)

第12条 名誉町民章は、町の儀式又は公会に出席する場合、はい用するものとする。

(特別待遇の取消し)

第13条 次の各号のいずれかに該当したときは、第6条及び前条の待遇は、廃止する。

(1) 職務に起因する犯罪により刑に処せられたとき。

(2) 禁錮刑以上の刑に処せられたとき。

(委任)

第14条 この条例の施行について必要な事項は、町長が定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の柿木村表彰条例(昭和48年柿木村条例第24号)及び六日市町名誉町民条例(平成元年六日市町条例第23号)の規定により名誉村民及び名誉町民の称号を授与された者は、この条例に基づき名誉町民となった者とみなす。

附 則(平成19年3月30日条例第1号)

(施行期日)

第1条 この条例は、平成19年4月1日から施行する。

(吉賀町表彰条例の一部改正に伴う経過措置)

第2条 この条例の施行の日(以下「施行日」という。)の前日までに助役として在職していた者の当該職に在職した期間は、第3条の規定による改正後の吉賀町表彰条例第5条第1項第3号に規定する副町長として在職する期間に通算する。

附 則(平成19年3月30日条例第28号)

この条例は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成30年3月22日条例第5号)

この条例は、公布の日から施行する。

吉賀町表彰条例

平成17年10月1日 条例第4号

(平成30年3月22日施行)