○吉賀町戸籍謄・抄本等の郵便請求に係る事務取扱要綱

平成17年10月1日

吉賀町告示第2号

(目的)

第1条 この告示は、県内郵便局に備付けの交付申請書により、戸籍の謄・抄本及び住民票の写し及び住民票記載事項証明書(以下「戸籍謄抄本等」という。)を郵便で請求し、その交付を受けることについての事務取扱要綱を定め、事務処理を適正に行い住民サービスの向上を図ることを目的とする。

(取扱郵便局)

第2条 県内の全郵便局とし、戸籍謄抄本等交付申請書並びに往信及び返信用封筒を窓口に備える。

(取り扱う証明の種類)

第3条 郵便局備付けの交付申請書により請求できる証明の種類は、戸籍謄・抄本については本人とその直系血族及び配偶者の記載されているもの、住民票及び住民票記載事項証明書については本人とその世帯に属するものとする。

(戸籍謄抄本等の請求方法)

第4条 請求者自身が郵便局窓口に備え付けてある交付申請書に所定の記載をし、証明手数料及び返信用封書を同封して郵便により請求する。

(事務の取扱い)

第5条 役場税務住民課では郵送されてきた交付申請書が正しく記入され、関係書面等により本人と確認できた場合にこれを受理し、直ちに戸籍謄抄本等を作成し、同封された返信用封筒に領収書を添付して郵送する。

2 申請に関し不明な点があれば本人に直接連絡をして処理する。

(手数料等)

第6条 戸籍謄抄本等の証明手数料は、小為替とする。

(覚書の締結)

第7条 この事務を円滑に行うため、町内の郵便局の代表として六日市郵便局と覚書を締結する。

附 則

この告示は、平成17年10月1日から施行する。

附 則(平成21年3月11日告示第10号)

(施行期日)

1 この告示は、平成21年4月1日から施行する。

吉賀町戸籍謄・抄本等の郵便請求に係る事務取扱要綱

平成17年10月1日 告示第2号

(平成21年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第4節 印鑑等
沿革情報
平成17年10月1日 告示第2号
平成21年3月11日 告示第10号