○戸籍の届出人に対する本人確認等に関する取扱要綱

平成17年10月1日

吉賀町訓令第11号

(目的)

第1条 この訓令は、戸籍届出のために来庁した者(以下「来庁者」という。)及び届け書に記載されている届出人(以下「届出人」という。)の本人確認並びに届出人に対する届出の受理の通知に関し、必要な事項を定めることにより、虚偽の戸籍の届出を防止し、戸籍の正確性を確保することを目的とする。

(対象となる届け書)

第2条 この訓令の対象となる届け書は、創設的届け書のうち氏の変更を伴い、かつ、身分関係の変更を伴う婚姻、協議離婚、養子縁組及び協議離縁の届け書(以下「対象となる届け書」という。)とする。

(本人確認の対象)

第3条 本人確認は、来庁者が対象となる届け書の届出人である場合にこれを行う。ただし、宿日直に届け書を持参した場合は、この限りでない。

(本人確認の方法)

第4条 本人確認は、運転免許証等、官公署の発行した顔写真つきの証明書の提示を求めて行うものとする。ただし、職員の面識で本人であることが確認できる場合は、省略しても差し支えない。

(届出人に対する通知)

第5条 届け書の受理がされたことの通知は、対象となる届け書で、前条の本人確認がされてない届出人及び郵送等により届出をした届出人に対してこれを行う。

(通知書送付の告知)

第6条 来庁者が対象となる届け書の届出人でない場合、来庁者に対して、届出人に届出が受理された旨を連絡することを告知するものとする。

(本人確認の記録)

第7条 この訓令に基づく本人確認の結果は、届け書の欄外に、確認・未確認及び通知の有無を記載し、その届け書を複写しこれを1年間保存するものとする。

(その他)

第8条 この訓令の施行に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この訓令は、平成17年10月1日から施行する。

戸籍の届出人に対する本人確認等に関する取扱要綱

平成17年10月1日 訓令第11号

(平成17年10月1日施行)