○吉賀町住民異動届出等に係る申請者の本人確認等に関する取扱要綱

平成17年10月1日

吉賀町告示第3号

(目的)

第1条 この告示は、住民基本台帳法(昭和42年法律第81号。以下「法」という。)に基づく住民異動届(以下「届出」という。)をしようとする者(代理人及び使者を含む。以下「申請者」という。)に対し、申請者が申請者本人であることの確認(以下「本人確認」という。)をすることにより、第三者による申請者本人へのなりすまし、虚偽その他不正な手段による届出を防止するとともに、住民基本台帳の明確な記録の確保、町民の個人情報の保護を図ることを目的とする。

(対象となる届出)

第2条 本人確認の対象となる届出は、届出(法第24条の2の付記転出届を除く。)を対象とする。なお、転出証明書に準ずる証明書を交付する場合の手続についても、同様の取扱いとするものとする。

(本人確認の方法)

第3条 本人確認は、申請者の氏名の記載されている書類等によって行うものとする。

2 前項の氏名の記載されている書類等(以下「書類等」という。)とは、有効期限内の住民基本台帳カード、個人番号カード、運転免許証、旅券又は官公署が発行した健康保険の被保険者証、免許証、許可証若しくは資格証明書であって、本人確認をするため町長が適当と認めるものをいう。

3 町長は、書類等よる本人確認ができない場合は、口頭での質問により本人確認を行うものとする。

4 申請者は、郵送による転出届をする場合は、書類等の写しを同封するものとする。この場合において、当該書類等の写しが同封されていないとき、又は転出届の記載に不満があるときは、町長は電話で申請者世帯の世帯員氏名等を聴聞することにより本人確認を行うものとし、電話で確認できないときは、申請者の住所地等へ本人確認依頼通知書(様式第1号)を送付することにより本人確認を行うものとする。

(異動者に対する通知)

第4条 町長は、受理した届出のうち申請者の本人確認ができなかった届出又は届出書の記載に疑義が生じた届出については、住民異動の対象者本人に対して届出を受理した旨を住民異動届出受理通知(様式第2号)により通知するものとする。

(本人確認の記録)

第5条 町長は、本人確認に係る結果及び前条に規定する通知の発送について、当該届書に記録するものとする。

(その他)

第6条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この告示は、平成17年10月1日から施行する。

附 則(平成27年12月25日告示第206号)

(施行期日)

第1条 この告示は、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(平成25年法律第27号。以下「番号法」という。)附則第1条第4号に掲げる規定の施行の日(平成28年1月1日)から施行する。

(吉賀町住民異動届出等に係る申請者の本人確認等に関する取扱要綱の一部改正に伴う経過措置)

第2条 この告示の施行の際、第1条の規定による改正前の吉賀町住民異動届出等に係る申請者の本人確認等に関する取扱要綱の様式による用紙で、現に残存するものは、当分の間、所要の修正を加え、なお使用することができる。

画像

画像

吉賀町住民異動届出等に係る申請者の本人確認等に関する取扱要綱

平成17年10月1日 告示第3号

(平成28年1月1日施行)