○吉賀町学校基金条例

平成17年10月1日

吉賀町条例第58号

(設置)

第1条 学校災害その他不時の学校の財政支出のため、学校基金(以下「基金」という。)を設置する。

(財産の種類)

第2条 基金に属する財産は、次のとおりとする。

(1) 山林及び分収林 所在地、面積は、別表第1及び別表第2のとおりとする。

(2) 山林の売払代金及びその運用により取得した有価証券

(3) 現金

(山林の造成)

第3条 山林に植え付けるべき樹木の種類は、杉、松、檜とし、その植付けが完了するまでの間、特別の事情がある場合を除き、毎年度5,000本以上の植付けをしなければならない。

(管理)

第4条 樹木の間伐、輪伐、補植その他山林の管理の方法に関しては、町長が別に定める。

2 基金に属する現金は、必要に応じ、最も確実かつ有利な方法により保管しなければならない。

3 基金に属する現金は、必要に応じ、最も確実かつ有利な有価証券に代えることができる。

(運用益金の処理)

第5条 基金の運用から生ずる収益は、一般会計歳入歳出予算に計上して、別表付記に定める学校に使用するため、この基金に編入するものとする。

(繰替運用)

第6条 町長は、財政上必要があると認めるときは、確実な繰戻しの方法、期間及び利率を定めて、基金に属する現金を歳計現金に繰り替えて運用することができる。

(委任)

第7条 この条例に定めるもののほか、基金の管理に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の六日市町学校基金条例(昭和39年六日市町条例第214号)の規定により積み立てられた現金、有価証券等は、この条例により積み立てられた基金とみなす。

附 則(平成30年12月17日条例第33号)

この条例は、平成31年4月1日から施行する。

別表第1(第2条関係)

山林

所在地

面積

付記

大字

番地

六日市

滝ケ迫

1336―1

 

4

5

17

(六日市小中学校分)

1336―3

 

 

6

25

(六日市小中学校分)

広石

小屋ノ谷

1169―2

9

0

0

00

(六日市小学校分)

ドウドウ山

1171―28

 

2

6

20

(六日市小学校分)

七日市

幅井谷南平

1179―1

6

1

0

00

(吉賀高等学校分)

抜月

蛇尾

2882

 

 

1

12

(七日市小学校分)

六日市

弥六山

1332―2

 

7

1

15

(六日市中学校分)

抜月

法師庵

2233

 

 

1

18

(七日市小学校分)

別表第2(第2条関係)

分収林

所在地

面積

土地所有者

分収歩合

町:地主

付記

大字

番地

立河内

石ケ迫

1632―2

1

8

1

13

下森行義

造林 5:5

自然林 4:6

六日市中学校分

1633―2

 

3

6

17

下森行義

造林 5:5

自然林 4:6

六日市中学校分

樋口

桂サデ

810―1

3

4

0

00

南波秀人ほか40名

65:35

蔵木小学校分

下高尻

保道

594―30

(

5

0

00)

斎藤善男

7:3

七日市小学校分(旧高尻小学校分)

東部

3

0

00

沢田

城山

830

 

6

6

21

村上定次

6:4

六日市小中学校分

小迫

838内1

 

6

9

00

村上定次

6:4

六日市小中学校分

城山

829内1

 

1

1

29

村上理太郎

6:4

六日市小中学校分

吉賀町学校基金条例

平成17年10月1日 条例第58号

(平成31年4月1日施行)