○吉賀町教員住宅管理規則

平成17年10月1日

吉賀町教育委員会規則第11号

(趣旨)

第1条 この規則は、吉賀町教員住宅の管理について、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規則において、次に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 教員住宅 町が建設し、又は町が使用権、管理権を有する住宅であって、町立小、中学校に勤務する教育関係職員に賃貸するための建物及びその附帯施設をいう。

(2) 教育関係職員 校長、教頭、教諭、養護教諭、助教諭、養護助教諭、講師、学校栄養士、事務職員及び英語指導助手をいい、留学を命ぜられた者を含む。

(管理責任者)

第3条 教員住宅(以下「住宅」という。)の管理責任者は、吉賀町教育委員会教育長(以下「教育長」という。)とする。

(入居資格者)

第4条 住宅に入居することができる者は、次の各号に掲げる者とする。

(1) 吉賀町立学校に勤務する教育関係職員で、現に住宅に困窮している者

(2) 前号にかかわらず、やむを得ない理由があると教育長が認めた者で入居期限が設けることができるもの

(入居許可の申請)

第5条 前条に規定する入居資格のある者で、住宅に入居しようとするものは、教員住宅入居申込書(様式第1号)を吉賀町教育委員会(以下「教育委員会」という。)に提出しなければならない。

(入居者の決定)

第6条 入居者の決定は、教育長が入居申込者の実態を審査して行う。

(入居の手続)

第7条 住宅の入居を許可された者は、請書(様式第2号)を、教育委員会に速やかに提出しなければならない。

(家賃の決定)

第8条 住宅の家賃の額は、教育委員会が町長と協議して決定する。

2 前項の規定は、家賃の変更をする場合に準用する。

(退居の手続)

第9条 住宅を退居しよとするときは、あらかじめ教員住宅退居届(様式第3号)を教育委員会に提出しなければならない。

(吉賀町営住宅条例の準用)

第10条 吉賀町営住宅条例(平成17年吉賀町条例第167号)第17条第18条及び第21条から第28条までの規定は、住宅の管理について準用する。この場合「町長」とあるのは「教育長」と、「町営住宅」とあるのは「教員住宅」とそれぞれ読み替えるものとする。

(住宅の明渡し請求)

第11条 教育長は、次の各号のいずれかに該当するときは、当該入居者に対し、住宅の明渡しを請求することができる。

(1) 入居者が、町立小、中学校に勤務しなくなったとき。

(2) 当該住宅を故意に毀損したとき。

(3) 正当な理由によらないで、15日以上当該住宅を使用しないとき。

(4) 前条の準用規定のうち第23条から第28条までの規定に違反したとき。

(その他)

第12条 この規則に定めるもののほか、住宅の管理に関し必要な事項は、教育委員会が定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の柿木村教員住宅等使用規則(昭和47年柿木村教育委員会規則第10号)又は六日市町教員住宅管理規則(昭和50年六日市町教育委員会規則第30号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされたものとみなす。

画像

画像

画像

吉賀町教員住宅管理規則

平成17年10月1日 教育委員会規則第11号

(平成17年10月1日施行)