○吉賀町公民館管理条例

平成17年10月1日

吉賀町条例第88号

(趣旨)

第1条 この条例は、吉賀町公民館条例(平成17年吉賀町条例第87号)第2条に規定する公民館等のうち吉賀町蔵木、朝倉及び七日市公民館(以下「公民館」という。)の利用について必要な事項を定めるものとする。

(利用の承認)

第2条 公民館並びに公民館備付けの設備及び特殊器具を利用しようとする者は、吉賀町教育委員会(以下「教育委員会」という。)の承認を受けなければならない。

2 教育委員会は、公益を害するおそれがあると認めるとき、又は管理上支障があると認めるときは、その利用を承認せず、又はその利用につき条件を付することができる。

(使用料)

第3条 公民館の使用料は、別表に定める金額に、当該額に消費税法(昭和63年法律第108号)に定める消費税の税率を乗じて得た額及びその額に地方税法(昭和25年法律第226号)に定める地方消費税の税率を乗じて得た額を合算した額を加えた金額(その額に10円未満の端数が生じたときは、その端数を切り捨てる。)とする。

2 前項のほか、公民館備付けの設備及び特殊器具を利用する場合は、別に定める使用料を徴収することができる。

(加算料金)

第4条 公民館を利用する場合において、次の各号に掲げる費用をその利用者に負担させることが相当であると認めるときは、当該費用の額をその使用料の額に加算して徴収することができる。

(1) 電気料金

(2) ガス料金

(3) 暖房に要する経費

(使用料等の減免)

第5条 町長は、公益上その他特に必要と認めるときは、前2条に定める使用料及び加算料金を減額し、又は免除することができる。

(損害賠償)

第6条 利用者は、故意又は過失により施設、設備等に損害を与えたときは、その損害額を賠償しなければならない。

(委任)

第7条 この条例の施行に関し必要な事項は、教育委員会が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の柿木村公民館使用条例(昭和48年柿木村条例第22号)又は六日市町公民館使用条例(昭和49年六日市町条例第473号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成26年3月26日条例第2号)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日から施行する。

別表(第3条関係)

○使用料金

●蔵木、朝倉、七日市公民館

 

使用料(1回につき)

8:30~17:00

17:00~22:00

集会室

990円

1,970円

その他の部屋

(1室につき)

500円

990円

館敷地外

500円

吉賀町公民館管理条例

平成17年10月1日 条例第88号

(平成26年4月1日施行)

体系情報
第8編 育/第4章 社会教育/第2節 公民館等
沿革情報
平成17年10月1日 条例第88号
平成26年3月26日 条例第2号