○吉賀町社会福祉士等修学資金貸与条例

平成17年10月1日

吉賀町条例第103号

(目的)

第1条 この条例は、社会福祉士、介護福祉士及び看護師(以下「社会福祉士等」という。)を養成する学校等に在学する者に修学資金を貸与することにより、吉賀町内(以下「町内」という。)の社会福祉士等の充実を図るとともに若者定住の促進を図ることを目的とする。

(貸与対象者)

第2条 修学資金の貸与を受ける者(以下「貸費生」という。)は、次に掲げる社会福祉士等を養成する学校又は施設(以下「養成施設等」という。)に在学する者であって、将来町内で社会福祉士等の業務及びその他の業務に従事しようとするもので、町内に住所を有する者又はその親族であること。

(1) 社会福祉士及び介護福祉士法(昭和62年法律第30号。以下「法」という。)第7条第2号に規定する社会福祉士短期養成施設等

(2) 法第7条第3号に規定する社会福祉士一般養成施設等

(3) その他文部科学大臣及び厚生労働大臣の指定した学校、厚生労働大臣の指定した職業能力開発大学校及び養成施設

(4) 六日市医療技術専門学校

(貸与の方法)

第3条 修学資金は、貸費生に採用された日の属する月からその者が養成施設等を卒業する日の属する月までの間、規則で定める方法により予算の範囲内において無利息で貸与するものとする。

(貸与の取消し)

第4条 町長は、貸費生が次の各号のいずれかに該当するに至ったときは、修学資金の貸与を取り消すものとする。

(1) 第2条に規定する者でなくなったとき。

(2) 心身の故障のため修学の見込みがなくなったと認められるとき。

(3) 学業成績及び素行が著しく不良となったと認められるとき。

(4) その他修学資金の目的を達成する見込みがなくなったと認められるとき。

2 養成施設長は、前項各号及び次条に該当することとなったときは、直ちに町長にその旨を報告しなければならない。

(貸与の休止)

第5条 町長は、貸費生が休学し、又は停学の処分を受けたときは、その期間の修学資金の貸与を行わないことができる。

(返還)

第6条 修学資金の返還は、次の各号のいずれかに該当する場合には、5年以内に月賦又は半年賦により町に均等返還するものとする。

(1) 第4条の規定により貸与を取り消されたとき。

(2) 貸費生であった者が卒業後1年以内に町内で業務に従事しなかったとき。

(返還の免除)

第7条 町長は、貸費生であった者が次の各号のいずれかに該当する場合には、修学資金の返還の債務の全部又は一部を免除することができる。

(1) 町長が定める相当期間、町内で業務に従事したとき。

(2) 災害、疾病、死亡その他やむを得ない理由により修学資金を返還することが困難であると認められるとき。

(委任)

第8条 この条例に定めるもののほか、この条例の施行に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の六日市町社会福祉士及び介護福祉士修学資金貸与条例(平成5年六日市町条例第21号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成23年3月28日条例第6号)

この条例は、平成23年4月1日から施行する。

吉賀町社会福祉士等修学資金貸与条例

平成17年10月1日 条例第103号

(平成23年4月1日施行)

体系情報
第9編 生/第1章 社会福祉/第1節 社会福祉一般
沿革情報
平成17年10月1日 条例第103号
平成23年3月28日 条例第6号