○吉賀町腎臓機能障害者通院費助成要綱

平成17年10月1日

吉賀町告示第10号

(目的)

第1条 この告示は、腎臓機能障害により、人工透析療法を受けるため医療機関に通院する者に対し交通費(以下「通院費」という。)を助成することにより腎臓機能障害者の負担軽減を図り、生活の安定と福祉の向上に寄与することを目的とする。

(対象者)

第2条 この告示の助成対象者は、吉賀町に住所を有する者で、腎臓機能障害による人工透析療法を受けるために通院しているものとする。

(助成の範囲)

第3条 助成の範囲は、通院するために利用する公共交通機関(タクシーを除く。)の乗車券購入費の2分の1とする。ただし、他制度による福祉措置費を受けられる場合はこれを除く2分の1の額とする。

2 通院の方法が異なる場合は前項により算出した額を助成する。

3 他制度による福祉サービスを受ける場合の助成は、利用者負担額及び扶養義務者負担額を合計した額の2分の1の額と第1項の規定により算出した額とを比較して、少ないほうの額とする。

(助成の申請)

第4条 通院費の助成を受けようとする者は、腎臓機能障害者通院費助成申請書(様式第1号)を町長に提出しなければならない。

(助成の決定)

第5条 町長は、前条の申請書の内容を審査の上これを認めた場合は、申請人に対して腎臓機能障害者通院費助成決定通知書(様式第2号)により交付決定するものとする。

(届出の義務)

第6条 通院費助成の決定を受けた者は、通院証明書(様式第3号)を町長に提出しなければならない。また、通院費助成を受ける資格を失ったときは速やかに届け出なければならない。

(助成費の支払)

第7条 通院費助成の支払は、前条の通院証明書により原則として3箇月分を支給する。ただし、受給資格を失った場合は、この限りでない。

(不正利得の返還)

第8条 告示は、偽りなど不正行為によって通院費の助成を受けた者がある場合は、助成費の全部又は一部を返還させることができる。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の日の前日までに、合併前の柿木村腎臓機能障害者通院費助成要綱(平成3年柿木村要綱第5号)又は六日市町腎臓機能障害者通院費助成要綱(平成3年六日市町訓令第5号)の規定によりなされた手続その他の行為は、それぞれこの告示の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成25年3月29日告示第33号)

この告示は、平成25年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

吉賀町腎臓機能障害者通院費助成要綱

平成17年10月1日 告示第10号

(平成25年4月1日施行)