○吉賀町精神科等通院交通費助成事業実施要綱

平成17年10月1日

吉賀町告示第12号

(目的)

第1条 この告示は、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(平成17年法律第123号。以下「法」という。)第54条の規定により認定を受けた精神障がい者であって、法の指定を受けた病院に通院する患者に対して、通院のための交通費の一部を助成することにより、精神障がい者の負担の軽減を図り、定期受診の励行と福祉の増進を目的とする。

(対象者)

第2条 助成の対象者は、前条の通院治療が必要な患者で町長が認めたものとする。

(助成の範囲)

第3条 助成の額は、町内に居住する対象者の居宅の最寄りの交通バス停から、治療のため通院する病院までの最短路線バス料金並びに汽車等の運賃の半額を助成するものとする。ただし、郡内は除く。

2 助成の額の上限は、月額5,000円までとする。

3 他の制度による場合は、それを優先し、通院が異なる場合は、前2項により算出した額を助成する。

(助成の申請)

第4条 通院交通費の助成を受けようとする者は、精神科等通院交通費助成認定申請書(様式第1号)を町長に提出しなければならない。

(助成の認定)

第5条 町長は、前条の申請書の内容を審査の上、これを認めた場合、精神科等通院交通費助成認定通知書(様式第2号)により通知するものとする。

(助成の請求)

第6条 通院交通費助成の認定を受けた者は、通院証明書(様式第3号)を町長に提出し、請求しなければならない。また、申請の内容に変更が生じたとき及び資格を失ったときは速やかに届け出なければならない。

(助成の方法)

第7条 通院交通費の支払は、前条の通院証明書により原則として3箇月分を支給する。ただし、受給資格を失った場合はこの限りでない。

(不正利得の返還)

第8条 町長は、偽りなど不正行為によって通院交通費の助成を受けた場合は、助成費の全部又は一部を返還させることができる。

(その他)

第9条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の日の前日までに、合併前の柿木村精神障害者通院費助成要綱(平成13年柿木村要綱第2号)又は六日市町精神障害者通院費助成事業実施要綱(平成12年六日市町訓令第14号)の規定によりなされた手続その他の行為は、それぞれこの告示の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成18年4月24日告示第19号)

この告示は、公布の日から施行し、平成18年4月1日から適用する。

附 則(平成25年3月29日告示第31号)

この告示は、平成25年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

吉賀町精神科等通院交通費助成事業実施要綱

平成17年10月1日 告示第12号

(平成25年4月1日施行)