○吉賀町高齢者サービス調整チーム設置運営要綱

平成17年10月1日

吉賀町告示第48号

1 設置

保健・福祉・医療等に係る各種サービスを総合的に調整推進し、高齢者の多様なニーズに対応し、個々の高齢者に見合う最も適切なサービスを提供するため吉賀町高齢者サービス調整チーム(以下「調整チーム」という。)を設置する。

2 事業内容

(1) 保健師、ホームヘルパー、民生児童委員等の訪問や相談活動等を通じ、高齢者のニーズの把握、各種サービスの充足の状況及び問題点の把握等を行うこと。

(2) 複合したニーズを有する処遇困難ケース等についての具体的な処遇方策の策定及び関係するサービス提供機関へのサービス提供の要請等を行うこと。また、このような活動を通じて、担当者間の常時の連絡体制を維持すること。

(3) 前2号のほか、実情に合わせて、前項の目的のための事業を行うこと。

3 構成者

吉賀町の老人福祉・保健・医療担当者、保健師及び社会福祉協議会職員、ホームヘルパー、保健所の保健師、福祉事務所の老人福祉担当者、医師等医療関係者、老人福祉施設職員、民生児童委員その他高齢者サービス総合調整推進のために必要と認められる者。ただし、ケースの内容によっては、このうち必要な者のみを構成員とすることができる。また、必要に応じ、それぞれの責任者レベルの調整チームを開催し、次のような事項について協議を行うものとすること。

(1) 各機関等の業務の状況及び執行方針について連絡協議を行うこと。

(2) 地域の社会資源の開発、改良、量的整備等を検討し、その実施を図ること。

4 会議の開催

調整チームは、必要に応じ随時開催するものとする。

5 庶務

吉賀町役場保健福祉課が行うものとする。

6 留意事項

(1) 他の関係機関との連携について十分配慮すること。

(2) 高齢者にかかわる各種機関から種々の情報提供を受ける等、それらの機能を積極的に活用すること。

(3) ケースの検討に当たっては、処遇困難ケース以外のものについても可能な限り調整チームにおいて行うよう努めるものとすること。

(4) 構成者は、職務上知り得た個人情報に関する秘密を守り、差別的な取扱いをしてはならない。その職を退いた後も同様とする。

(5) 本事業に従事した構成者に対し、応分の謝金が支出できるものとする。

附 則

この告示は、平成17年10月1日から施行する。

吉賀町高齢者サービス調整チーム設置運営要綱

平成17年10月1日 告示第48号

(平成17年10月1日施行)

体系情報
第9編 生/第4章 老人福祉/第1節 老人福祉一般
沿革情報
平成17年10月1日 告示第48号