○吉賀町デイサービスセンター条例

平成17年10月1日

吉賀町条例第119号

(設置)

第1条 在宅の虚弱老人及び寝たきり老人に対して、通所又は訪問により各種のサービスを提供することによって、当該老人の自立的生活の助長、社会的孤立感の解消及び心身機能の維持向上等を図るとともに、その家族の身体的・精神的な労苦の軽減を図ることを目的として、吉賀町デイサービスセンター(以下「センター」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 センターの名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

吉賀町六日市デイ・サービスセンター

吉賀町六日市573番地2

吉賀町七日市デイサービスセンター

吉賀町七日市942番地5

吉賀町柿木デイサービスセンター

吉賀町柿木村柿木80番地

(事業)

第3条 センターは、次の各号に掲げる事業を行う。

(1) 生活指導に関すること。

(2) 日常動作訓練に関すること。

(3) 養護に関すること。

(4) 家族介護者教育に関すること。

(5) 健康チェックに関すること。

(6) 入浴サービスに関すること。

(7) 給食サービスに関すること。

(8) 送迎に関すること。

(9) 地域福祉に関すること。

(10) その他町長が必要と認めること。

(利用者の範囲)

第4条 センターを利用することができる者は、次の各号のいずれかに該当する者とする。

(1) おおむね65歳以上の者で、身体が虚弱又は寝たきり等の状態にあるため日常生活を営むのに支障があるもの

(2) その他町長が利用を承認した者

(利用申請及び承認)

第5条 センターを利用しようとする者は、あらかじめ町長に申請し、その承認を得なければならない。

(利用の条件)

第6条 町長は、前条に定めるセンターの利用を承認する場合において、必要な条件を付することができる。

(利用の制限)

第7条 町長は、第5条の承認を受けた者が次の各号のいずれかに該当するときは利用条件を変更し、利用を停止し、又は利用の承認を取り消すことができる。

(1) 公の秩序又は風俗を乱し、又は乱すおそれがあると認められる者

(2) 施設の損壊をするおそれがあると認められる者

(3) その他センターの管理に支障があると認められる者

(利用料金)

第8条 センターを利用しようとする者は、施設の利用に係る料金(以下「利用料金」という。)を支払わなければならない。

2 利用料金は、地方自治法(昭和22年法律第67号。以下「法」という。)第244条の2第8項の規定により、法人その他の団体であって町長が指定するもの(以下「指定管理者」という。)にその収入として収受させることができる。

3 利用料金は、介護保険法(平成9年法律第123号)第41条第4項の規定に基づき厚生労働大臣が定める基準の範囲内の額で、定めるものとする。

(利用料金の減免)

第9条 町長は、利用者が被災等により特に必要があると認める場合は、利用料金を減額し、又は免除することができる。

2 指定管理者は、あらかじめ町長の承認を得て定めた基準により、利用料金を減額し、又は免除することができる。

(利用権譲渡等の禁止)

第10条 センターの利用の承認を受けた者は、利用する権利を譲渡し、又は転貸してはならない。

(指定管理者による管理)

第11条 センターの管理は、指定管理者に行わせることができる。

2 前項の規定によりセンターの管理を指定管理者に行わせる場合は、第5条から第7条までの規定中「町長」とあるのは、「指定管理者」と読み替えるものとする。

3 町長は、指定管理者の指定の期間の満了に伴い指定管理者を指定する場合で、指定管理者として指定されているもの(以下「現指定管理者」という。)から提出させた事業計画書その他吉賀町公の施設の指定管理者の指定手続等に関する条例施行規則(平成18年吉賀町規則第17号)で定める書類を審査し、かつ、実績等を考慮して、現指定管理者がセンターの設置の目的を最も効果的に達成することができると認められるときは、現指定管理者を指定管理者として指定することができる。

(指定管理者の業務)

第12条 指定管理者は、次の各号に掲げる業務を行うものとする。

(1) 第3条に規定する事業の実施に関する業務

(2) センターの利用の許可に関する業務

(3) センターの利用料金に関する業務

(4) センターの施設の維持及び修繕に関する業務

(5) 前各号に掲げるもののほか、指定管理者がセンターの管理上必要と認める業務

(休業日)

第13条 センターの休業日は、次のとおりとする。ただし、町長が必要と認める場合はこれを変更し、又は臨時に休業することができる。

(1) 日曜日

(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(3) 8月14日から8月16日まで

(4) 12月29日から翌年1月6日まで

2 指定管理者は、必要があると認めるときは、町長の承認を受けて休業日を変更し、又は臨時に休業することができる。

(利用時間)

第14条 センターの利用時間は、次のとおりとする。ただし、町長が必要と認めるときはこれを変更することができる。

(1) 入浴サービスは、土曜日を除く毎日とし、午前10時30分から午後3時までとする。

(2) 給食サービスは、土曜日を除く毎日とし、午前11時30分から午後1時までとする。ただし、訪問による給食サービスについては午後5時までとする。

(3) 送迎は、土曜日を除く毎日とし、午前8時30分から午後5時までとする。

(4) その他の事業は、実施する日に定める時間とする。

2 指定管理者は、必要があると認めるときは、町長の承認を受けて利用時間を変更することができる。

(損害賠償義務)

第15条 指定管理者又はセンターを利用する者は、センターの建物及び設備を毀損し、又は滅失したときは、この損害を賠償しなければならない。ただし、町長がやむを得ないと認めたときは、賠償金額の全額又は一部を免除することができる。

(秘密保持義務)

第16条 指定管理者若しくは指定管理者であったもの又は第12条の業務に従事している者若しくは従事していた者は、その業務に関して知り得た管理上の秘密をみだりに他人に知らせ、又は不当な目的に利用してはならない。

(原状回復義務)

第17条 指定管理者は、その指定の期間が終了したとき、又は法第244条の2第11項の規定により指定を取り消され、若しくは期間を定めて管理の業務の全部若しくは一部の停止を命ぜられたときは、その管理をしなくなったセンターを速やかに原状に回復しなければならない。ただし、町長の承認を受けたときは、この限りでない。

(委任)

第18条 この条例に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の柿木村デイサービスセンター設置及び管理に関する条例(平成6年柿木村条例第8号)、六日市町老人デイ・サービスセンター設置条例(平成3年六日市町条例第2号)、六日市町デイ・サービスセンター管理運営に関する条例(平成3年六日市町条例第21号)又は六日市町七日市デイサービスセンターの設置及び管理運営に関する条例(平成15年六日市町条例第7号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成18年6月1日条例第33号)

この条例は、平成18年9月1日から施行する。

附 則(平成25年9月26日条例第23号)

この条例は、公布の日から施行する。

吉賀町デイサービスセンター条例

平成17年10月1日 条例第119号

(平成25年9月26日施行)