○吉賀町議会事務局処務規程

平成17年11月14日

吉賀町議会告示第1号

(趣旨)

第1条 この告示は、吉賀町議会事務局(以下「事務局」という。)の処務に関し必要な事項を定めるものとする。

(職務)

第2条 事務局長は、議長の命を受け、事務局の事務を掌理し、その他の職員を指揮監督する。

2 その他の職員は、事務局長の命を受け事務を処理する。

(分掌事務)

第3条 事務局職員の分掌事務は、次のとおりとする。

(1) 公印の保管に関すること。

(2) 来客及び議会関係者の接遇に関すること。

(3) 儀式及び交際に関すること。

(4) 例規に関すること。

(5) 議員の身分及び資格の得失に関すること。

(6) 予算の経理に関すること。

(7) 議員及び職員の出張に関すること。

(8) 人事に関すること。

(9) 文書の収受及び発送に関すること。

(10) 文書の浄書に関すること。

(11) 備品及び消耗品に関すること。

(12) 議会関係施設の管理に関すること。

(13) 議員互助会に関すること。

(14) 議員共済に関すること。

(15) 町村議会議長会に関すること。

(16) 議会招集の告知に関すること。

(17) 委員会の招集及び告知に関すること。

(18) 公聴会その他諸会合の開催に関すること。

(19) 請願、陳情等の整理に関すること。

(20) 議会が行う選挙に関すること。

(21) 議会が行う事務調査に関すること。

(22) 資料の収集及び配布に関すること。

(23) 議員の出欠に関すること。

(24) 傍聴人に関すること。

(25) 議事日程及び会期日程に関すること。

(26) 会議録に関すること。

(27) 会議結果の報告に関すること。

(28) 議決事項の処理に関すること。

(29) 法令、条例等の研究に関すること。

(30) 議員及び委員会の提出議案に関すること。

(31) 各種統計、資料及び情報の収集整備に関すること。

(32) その他議事、進行及び調整に関すること。

(特定事務分掌)

第4条 議長が特別に必要があると認めたときは、前条の規定にかかわらず、特定の事務につき特別の分掌を定めることができる。

(決裁及び代決)

第5条 議会の事務は、議長が決裁する。

2 事務局長は、代決又は代理をした事務については、次条に定める専決事項を除き、後閲に供しなければならない。

(事務局長の専決事項)

第6条 次の事項は、事務局長において専決することができる。

(1) 職員の定例的な出張命令に関すること。

(2) 職員の年次有給休暇に関すること。

(3) 職員の時間外勤務命令に関すること。

(4) 文書の収受並びに定例的な調査、報告、通知、照会及び回答

(5) 法令等の規定に基づいて行う原簿による証明及び謄本の交付

(6) 文書の保管、廃棄及び軽易な文書の閲覧の許可

(7) 諸資料及び諸統計の収集及び作成

(8) 前各号のほか、所掌事務のうち定例に属し、かつ、重要でない事項の処理

(準用)

第7条 この告示に定めるもののほか、事務局の処務並びに職員の任免、給与、勤務条件、分限、懲戒、服務及びその他身分取扱いに関しては、町長の事務部局の例による。

附 則

この告示は、公布の日から施行する。

附 則(平成19年4月2日議会告示第3号)

この告示は、公布の日から施行する。

吉賀町議会事務局処務規程

平成17年11月14日 議会告示第1号

(平成19年4月2日施行)

体系情報
第2編 議会・選挙・監査/第1章
沿革情報
平成17年11月14日 議会告示第1号
平成19年4月2日 議会告示第3号