○吉賀町地域新エネルギービジョン策定委員会条例

平成19年3月30日

吉賀町条例第4号

(趣旨)

第1条 この条例は、地球環境問題やエネルギー問題を克服するため、地域固有の新エネルギーの導入可能性を検討するとともに、事業化の具体的な検討を行うことを目的とした「新エネルギービジョン事業化可能性調査」の策定及び方策の検討を行う策定委員会の設置運営について定めるものとする。

(名称)

第2条 この委員会は、吉賀町地域新エネルギービジョン策定委員会(以下「委員会」という。)と称する。

(組織)

第3条 委員会は、10人以内の委員をもって組織し、委員は次に掲げるものから町長が委嘱する。

(1) 専門的知識を有する者

(2) 事業化関係者

(3) 行政関係者

(4) その他事業遂行において町長が必要と認める者

(役員及び職務)

第4条 委員会には委員長及び副委員長を置く。

2 委員長は、会務を総理する。

3 委員長に事故があるとき又は委員長の欠けたときは、副委員長がその職務を代理する。

(委員の任期)

第5条 委員の任期は、平成20年3月31日までとする。

(会議の招集)

第6条 委員会は、委員長が招集する。

(報酬及び費用弁償)

第7条 委員の報酬等及び費用弁償は、別に定める。

(庶務)

第8条 委員会の庶務は、産業課が担当する。

(委任)

第9条 この条例に定めるもののほか、委員会に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この条例は、平成19年4月1日から施行する。

吉賀町地域新エネルギービジョン策定委員会条例

平成19年3月30日 条例第4号

(平成19年4月1日施行)

体系情報
第9編 生/第10章 環境衛生
沿革情報
平成19年3月30日 条例第4号