○吉賀町議会議員の議員報酬、期末手当及び費用弁償支給条例

平成20年10月1日

吉賀町条例第41号

(趣旨)

第1条 この条例は、吉賀町議会の議員(以下「議員」という。)に対する議員報酬及び費用弁償等の支給に関し必要な事項を定めるものとする。

(議員報酬及び費用弁償等)

第2条 議員には、この条例の定めるところにより議員報酬、費用弁償及び期末手当を支給する。

(額及び支給方法)

第3条 議員報酬は別表第1により、費用弁償は別表第2に定めるとおりとする。

第4条 議員報酬は、毎月これを支給する。

2 議員報酬は、議員がその職についた日から支給する。

3 議員が退職し、失職し、又は死亡によりその職を離れたときは、その日までの議員報酬を支給する。ただし、いかなる場合においても、重複して議員報酬を支給しない。

4 前2項の規定により議員報酬を支給する場合であって、月の初日から支給するとき以外のとき、又は月の末日まで支給するとき以外のときは、その議員報酬は、その月の現日数を基礎として日割りによって計算する。

第5条 費用弁償は、議員が招集に応じ、又は委員会に出席し、その他公務のため旅行した場合に支給する。

(期末手当)

第6条 議員の期末手当の支給に関しては、吉賀町職員の給与に関する条例(平成17年吉賀町条例第42号。以下「給与条例」という。)の規定を準用する。この場合において、給与条例第20条第2項中「100分の130」とあるのは、「6月に支給する場合においては100分の160、12月に支給する場合においては100分の175」と、同条第4項中「給料及び扶養手当の月額の合計額」とあるのは、「議員報酬月額及びその議員報酬月額に100分の10を乗じて得た額の合計額」と読み替えるものとする。

(準用規定)

第7条 議員報酬、費用弁償及び期末手当の支給については、この条例に定めるもののほか、一般職の職員の例による。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成28年3月24日条例第9号)

この条例は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成30年3月22日条例第5号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成31年2月1日条例第2号)

この条例は、公布の日から施行する。

別表第1(第3条関係)

職名

議員報酬

議会議長

月額 288,500円

同 副議長

同 240,000円

同 常任委員会委員長

同 213,500円

同 運営委員会委員長

同 213,500円

同 議員

同 203,500円

別表第2(第3条関係)

費用弁償

区分

鉄道賃

船賃

航空賃

車賃

日当(1日につき)

宿泊料(1夜につき)

町内

1,500円

3,000円

益田管内

吉賀町職員等の旅費に関する条例(平成17年吉賀町条例第45号)第11条の例による。

1,200円

8,000円

県内

実費

普通船室料金

航空賃実費

2,400円

8,000円

県外

実費

普通船室料金

航空賃実費

3,000円

10,500円

政令指定都市

実費

普通船室料金

航空賃実費

3,500円

11,500円

備考 町内10km以上の旅行の場合、日当1日につき200円加算する。

岩国市及び周南市への旅行の場合、日当は1,500円とする。

吉賀町議会議員の議員報酬、期末手当及び費用弁償支給条例

平成20年10月1日 条例第41号

(平成31年2月1日施行)

体系情報
第5編 給与等/第1章 報酬・費用弁償
沿革情報
平成20年10月1日 条例第41号
平成28年3月24日 条例第9号
平成30年3月22日 条例第5号
平成31年2月1日 条例第2号