○吉賀町手話奉仕員・要約筆記奉仕員登録要綱

平成21年1月21日

吉賀町告示第3号

(目的)

第1条 この要綱は、手話及び要約筆記によって聴覚障害者及び音声又は言語機能障害者のコミュニケーションが円滑に行われるよう、手話奉仕員・要約筆記奉仕員の登録について必要な事項を定める。

(登録対象者)

第2条 手話奉仕員・要約筆記奉仕員(以下「奉仕員」という。)の登録を行うことができる者は、次の各号すべてに該当するもの又はそれ以外のもので福祉事務所長が認めるものとする。

(1) 吉賀町が主催する手話奉仕員・要約筆記奉仕委員養成講座の修了者

(2) 障害者福祉センターの施設長が推薦した者

(3) 奉仕員の登録を承諾した者

(登録手続等)

第3条 奉仕員・要約筆記奉仕員の登録を行おうとする者は、吉賀町手話奉仕員・要約筆記奉仕員登録申請書(様式第1号)に吉賀町手話奉仕員・要約筆記奉仕員登録推薦書(様式第2号)を添付の上福祉事務所長に申請するものとする。

2 福祉事務所長は、前項の規定により申請があったときは、申請者に対し手話奉仕員・要約筆記奉仕員証(様式第3号)を交付するものとする。

(登録辞退の手続)

第4条 前条の規定により奉仕員の登録を行った者が奉仕員を辞退するときは、吉賀町手話奉仕員・要約筆記奉仕員登録辞退届(様式第4号)に手話奉仕員・要約筆記奉仕員証を添え福祉事務所長に届け出るものとする。

附 則

この告示は、公布の日から施行する。

附 則(平成24年9月1日告示第114号)

この告示は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像

画像

吉賀町手話奉仕員・要約筆記奉仕員登録要綱

平成21年1月21日 告示第3号

(平成24年9月1日施行)

体系情報
第9編 生/第5章 障害者福祉/第1節 障害者福祉一般
沿革情報
平成21年1月21日 告示第3号
平成24年9月1日 告示第114号