○吉賀町高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種助成事業実施要綱

平成23年3月30日

吉賀町告示第21号

(趣旨)

第1条 この告示は、感染症対策として高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種事業(以下「予防接種」という。)の実施に関し必要な事項を定めるものとする。

(助成対象者)

第2条 この事業による予防接種の助成対象者は次の各号のいずれかに該当する者とする。

(1) 吉賀町に住所を有する65歳以上の者

(2) 吉賀町に住所を有する60歳から65歳未満の者であって、心臓、じん臓又は呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活が極度に制限される程度の障がいを有する者及びヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障がいを有する者

(利用できる医療機関)

第3条 この事業による予防接種を受けることのできる医療機関は、本事業について吉賀町が委託契約する町内の医療機関等(以下「委託医療機関」という。)とする。ただし、助成対象者が主治医等の理由で町外の医療機関等で予防接種を受ける場合は、この限りではない。

(接種回数)

第4条 予防接種の接種回数は5年に1回とする。

(費用の助成)

第5条 予防接種に対する助成は、予防接種1回に係る費用のうちの2,000円とする。

なお、生活保護法(昭和25年法律第144号)に規定する被保護者については、費用の全額を助成するものとする。

(助成の方法)

第6条 医療機関は、予防接種を実施した場合、予防接種助成金請求書(様式第1号)に被接種者各人の高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種予診票(様式第2号)を添付し、1か月分を取りまとめ翌月10日までに町長に請求するものとする。

2 前項の規定にかかわらず、委託医療機関以外の医療機関で予防接種を受け、助成対象者が当該費用を当該医療機関等に支払った場合における助成は、助成対象者に助成金を支払うことによって行う。

(その他)

第7条 この告示に定めるほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この告示は、平成23年4月1日から施行する。

画像

画像

吉賀町高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種助成事業実施要綱

平成23年3月30日 告示第21号

(平成23年4月1日施行)

体系情報
第9編 生/第4章 老人福祉/第1節 老人福祉一般
沿革情報
平成23年3月30日 告示第21号