○吉賀町町国民健康保険居所不明者取扱要領

平成25年3月29日

吉賀町訓令第3号

(趣旨)

第1条 この訓令は、国民健康保険の被保険者資格の喪失確認処理に係る取扱いに関して、法令その他別に定めがあるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(審査委員会)

第2条 居所不明被保険者に係る事務処理にあたって当たっては、審査委員会を設置し、これを審査するものとする。

2 審査委員会は、保健福祉課、税務住民課、総務課各課長をもって組織する。

(対象者)

第3条 居所不明被保険者の調査対象者は次の各号のいずれかに該当した場合に抽出するものとする。

(1) 保険税納入告知書、督促状等の返送者

(2) 訪問時の常時不在者

(3) 被保険者証の未更新者

(4) その他前各号に準ずると認められた者

(調査)

第4条 前条により抽出された者については、台帳、公簿及び現地において調査するものとする。

2 調査に当たっては、居所不明被保険者の調査対象簿及び管理簿並びに居所不明被保険者調査台帳を作成するものとする。

(認定)

第5条 居所不明被保険者の認定は、住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)に基づき町職員により行うものとする。

(資格喪失年月日)

第6条 資格喪失年月日は、原則として転居又は居住していない事実が資料等から確認できた場合はその日。居住していない事実のみの場合は、居住していない事実が確認できる資料等から客観的にみて居住していない事実が判断できる日とする。

(台帳等への記載)

第7条 職権により資格の喪失確認処理をした場合は、被保険者台帳等に資格喪失年月日及び職権の旨を記載するものとする。

(本人への通知)

第8条 職権により資格の喪失確認をした者の転居先が確認できたときは、本人に対し国民健康保険に関する手続等を行うよう指導するものとする。

(関係書類の整理)

第9条 職権により資格の喪失確認処理をした場合は、関係書類を整理、保管しこれを管理する。

2 関係書類の保管期限は5年とする。

附 則

この訓令は、平成25年4月1日から施行する。

吉賀町町国民健康保険居所不明者取扱要領

平成25年3月29日 訓令第3号

(平成25年4月1日施行)