○吉賀町光ファイバケーブルの貸付けに関する要綱

平成25年2月26日

吉賀町告示第9号

(趣旨)

第1条 この告示は、吉賀町内における携帯電話等の移動通信サービス格差是正及び情報化の進展に対応したサービスの向上に資するため、吉賀町が敷設した光ファイバケーブルの未利用芯線(以下「光ファイバ」という。)の貸付けに関し、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この告示において、次の各号に掲げる用語の定義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 携帯電話事業者 電気通信事業法(昭和59年法律第86号)第9条の規定に基づき電気通信事業者の登録を受けた者で、携帯電話等の移動通信サービスを提供できる通信事業者をいう。

(2) IRU契約 契約によって定められ、関係当事者の合意がない限り破棄又は終了させることができない長期安定的な使用権を保証する契約をいう。

(貸付け対象者)

第3条 光ファイバの貸付け対象者は、次の各号のいずれかに該当するものとする。

(1) 携帯電話事業者

(2) その他特に町長が必要と認める事業者

(貸付け対象者の選定方法)

第4条 光ファイバの貸付け対象者の選定は、公募により行うものとする。

2 前項の規定に基づく公募は、吉賀町公告式条例(平成17年吉賀町条例第3号)第2条第2項に規定する掲示場への掲示によるほか、周知を図るため適切と思われる方法により行う。

(貸付け期間等)

第5条 光ファイバケーブルの貸付け期間は10年とする。

2 貸付け期間満了の6箇月前までに、延長しない旨を書面により合意した場合を除き、貸付け期間を同じ条件で1年間延長するものとする。ただし、貸付け開始日から10年を経過した後は、町長が6箇月前までに貸付け対象者に通告すれば、貸付け対象者の同意なく延長を拒否することができる。

(貸付け料)

第6条 町長は、光ファイバを貸し付けた場合は、営業費、運用費、施設保全費、共通管理費、租税公課、減価償却費等を基礎に算定した貸付け料を、各年度当初に1年分を徴収するものとする。

(借受申請)

第7条 光ファイバの貸付けを受けようとする者は、光ファイバケーブル借受申請書(様式第1号)(以下「申請書」という。)を町長に提出するものとする。

(貸付けの決定)

第8条 町長は、前条の申請書を受理したときは、その内容を審査するとともに、貸付けの可否を決定するものとする。

2 町長は、前項の規定により貸付けの可否を決定したときは、光ファイバケーブル貸付け承認通知書(様式第2号)又は光ファイバケーブル貸付け不承認通知書(様式第3号)を申請者に通知するものとする。

(貸付け方法)

第9条 光ファイバの町と借受者との貸付け方法はIRU契約によることとし、次の各号に掲げる事項を記載するものとする。

(1) 借受人の住所及び氏名

(2) 貸付け物品の明細

(3) 設備とその接続に関する事項

(4) 貸付け期間

(5) 貸付け料の額

(6) 貸付け料の納入方法及び納入時期

(7) 貸付けの条件

(8) 契約の解除に関する事項

(9) その他必要と認める事項

(情報開示)

第10条 町長は、光ファイバの貸付けに関して必要な情報を開示するものとする。

(委任)

第11条 この告示に定めるもののほか必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この告示は、公布の日から施行する。

画像画像

画像

画像

吉賀町光ファイバケーブルの貸付けに関する要綱

平成25年2月26日 告示第9号

(平成25年2月26日施行)