○吉賀町子どものインフルエンザ任意予防接種助成事業実施要綱

平成25年9月20日

吉賀町告示第104号

(目的)

第1条 この告示は、インフルエンザワクチン任意予防接種(以下「ワクチン接種」という。)を受けた者又は保護者に対し、ワクチン接種に要する費用(以下「ワクチン接種費」という。)の一部を助成することにより、ワクチン接種費の経済的負担を軽減するとともに子どもにおけるインフルエンザの感染又はその重症化を防止することを目的とする。

(助成の対象者)

第2条 予防接種の助成を受けることができる者は、次の各号に掲げる要件を全て満たす者(以下「対象者」という。)とする。ただし、町長が特に認めた者については、この限りでない。

(1) 町内に住所を有する者

(2) 生後1歳以上で満18歳に達する日の属する年度の末日までの間にある者

(助成実施期間)

第3条 予防接種の助成実施期間は、毎年度10月1日から翌年3月31日までとする。

(助成の方法)

第4条 予防接種を受けようとする対象者は、町長が予防接種の実施を委託した医療機関(以下「実施機関」という。)において、事前申込みにより、当該実施機関が指定する日に実施するものとする。ただし、対象者が主治医等の理由により実施機関以外で予防接種を受ける場合は、この限りでない。

(予防接種の方法)

第5条 予防接種を受けようとする対象者は、吉賀町子どものインフルエンザ予防接種予診票(様式第1号。以下「予診票」という。)を実施機関に提出しなければならない。

(公費負担額)

第6条 予防接種に要する費用に対する町の負担額(以下「公費負担額」という。)は、1回当たり1,500円とし、負担する回数は1人につき年度内2回を限度とする。ただし、13歳以上の子どもについては年度内1回を限度とする。

2 予防接種を受けた者(以下「被接種者」という。)の保護者は、予防接種に要した費用から公費負担額を差し引いた額を当該予防接種を実施した実施機関に支払うものとする。

3 生活保護受給者については全額公費負担とする。

(請求及び支払)

第7条 実施機関は、被接種者の予診票を1箇月分取りまとめ、翌月の10日までに町長に対し吉賀町子どものインフルエンザ予防接種実施報告書兼請求書(様式第2号)を提出しなければならない。

2 第4条のただし書の規定により、実施機関以外の医療機関で予防接種を受け、当該費用を当該医療機関に支払った場合は、対象者がインフルエンザワクチン任意接種費助成申請書(様式第3号)を提出しなければならない。

(その他)

第8条 この告示に定めるもののほか、必要な事項については町長が別に定める。

附 則

この告示は、平成25年10月1日から施行する。

附 則(平成26年9月25日告示第121号)

この告示は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像

吉賀町子どものインフルエンザ任意予防接種助成事業実施要綱

平成25年9月20日 告示第104号

(平成26年9月25日施行)