○吉賀町興学資金貸与条例施行規則

平成26年12月22日

吉賀町規則第36号

(趣旨)

第1条 この規則は、吉賀町興学資金貸与条例(平成26年吉賀町条例第36号。以下「条例」という。)第11条の規定に基づき、吉賀町興学資金(以下「興学資金」という。)の貸与に関し必要な事項を定めるものとする。

(審査委員会)

第2条 条例第3条に定める吉賀町興学資金審査委員会(以下「審査委員会」という。)は、委員の互選により委員長を置く。

2 審査委員会の会議は、町長が招集する。

3 審査委員会は、委員の過半数が出席しなければ会議を開くことができない。

4 委員長は、会議の議長となる。

5 会議の議事は、出席委員の過半数で決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

(興学資金の貸与申請)

第3条 興学資金の貸与を受ける者(以下「貸与者」という。)は、吉賀町興学資金貸与申請書(様式第1号)を町長の定める日までに提出しなければならない。

(貸与者の決定)

第4条 貸与者の決定は毎年度5月末までに行うものとし、貸与者の追加決定は随時これを行うものとする。

2 町長は、貸与者を決定したときは、決定の日から10日以内に吉賀町興学資金貸与決定通知書(様式第2号)により本人に通知する。

3 貸与者は、前項の規定による決定通知書受領の日から20日以内に誓約書(様式第3号)を町長に提出しなければならない。

(興学資金の交付)

第5条 興学資金は、毎月直接貸与者本人に交付する。ただし、数箇月分を一括して交付することができる。

(興学資金の休止及び復活)

第6条 貸与者が休学したときは、在学する学校の校長(以下「校長」という。)の証明書を添え、吉賀町興学資金貸与休止申請書(様式第4号)を町長に提出しなければならない。

2 貸与者が復学したときは、校長の証明書を添え、吉賀町興学資金貸与再開申請書(様式第5号)を町長に提出しなければならない。

(興学資金の停止)

第7条 町長が興学資金の貸与の停止を決定したときは、吉賀町興学資金貸与停止通知書(様式第6号)により本人に通知する。

(興学資金の返還)

第8条 貸与者が興学資金の貸与の期間を終了したときは、吉賀町興学資金借用証書(様式第7号)を町長に提出しなければならない。

2 貸与者が興学資金の返還の猶予を申請するときは、吉賀町興学資金返還猶予申請書(様式第8号)を町長に提出しなければならない。

(その他)

第9条 この規則に定めるもののほか、興学資金に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規則は、平成27年4月1日から施行する。

画像画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

吉賀町興学資金貸与条例施行規則

平成26年12月22日 規則第36号

(平成27年4月1日施行)