○吉賀町放課後児童クラブ条例

平成27年3月30日

吉賀町条例第21号

吉賀町放課後児童クラブ条例(平成17年吉賀町条例第193号)の全部を改正する。

(目的)

第1条 この条例は、児童福祉法(昭和22年法律第164号。以下「法」という。)第34条の8の規定に基づき、放課後児童健全育成事業を行う放課後児童クラブ(以下「クラブ」という。)の管理運営に関し必要な事項を定め、もって児童の健全育成を図ることを目的とする。

(名称、位置及び対象区域)

第2条 クラブの名称、位置及び対象区域は、次のとおりとする。

名称

位置

対象区域

蔵木放課後児童クラブ

吉賀町蔵木14番地2

蔵木小学校の校区

六日市放課後児童クラブ

吉賀町六日市748番地

六日市小学校の校区

朝倉放課後児童クラブ

吉賀町朝倉994番地2

朝倉小学校の校区

七日市放課後児童クラブ

吉賀町七日市942番地5

七日市小学校の校区

柿木第一放課後児童クラブ

吉賀町柿木村柿木613番地

柿木小学校の校区

柿木第二放課後児童クラブ

吉賀町柿木村柿木680番地1

柿木小学校の校区

2 前項に規定にかかわらず、必要と認める場合は、実施場所を変更することができる。

(事業内容)

第3条 事業の内容は、次の各号に定めるとおりとする。

(1) 児童の健康管理、安全確保及び情緒安定に関すること。

(2) 児童の遊びを通じて自主性、社会性及び創造性の向上に関すること。

(3) その他児童の健全育成に関すること。

(対象児童)

第4条 本事業の対象児童は、第2条に定める対象区域の小学校に就学している児童で、保護者が就労等により昼間家庭にいないもの(以下「放課後児童」という。)とする。

2 前項の規定にかかわらず、次の各号に掲げる者については、事業の対象とすることができる。

(1) 健全育成の向上を図る上で指導を要すると町長が認めた児童

(2) 該当クラブの校区外の児童で町長が必要と認めた児童

(3) 虐待等の理由により保護を要すると町長が認めた児童

(運営)

第5条 事業の実施主体は町とし、事業の運営に当たっては社会福祉法人その他のものへ委託することができる。

2 クラブの円滑な運営を図るため、第9条第1項の規定により利用の登録を行った児童(以下「登録児童」という。)の保護者等を会員とする運営委員会を設けることができる。

3 その他事業の設置及び運営に関する事項については、別に定める。

(利用定員)

第6条 各クラブの児童数は、おおむね次のとおりとする。

名称

利用定員数

蔵木放課後児童クラブ

15名

六日市放課後児童クラブ

30名

朝倉放課後児童クラブ

15名

七日市放課後児童クラブ

40名

柿木第一放課後児童クラブ

30名

柿木第二放課後児童クラブ

30名

2 前項の規定にかかわらず、特別な理由があると認めるときは、利用定員数を変更することができる。

(開設期間)

第7条 クラブの開設期間は、毎年4月1日から翌年の3月31日までの期間(日曜日及び国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日並びに8月13日から同月16日まで及び12月29日から翌年1月4日までの期間を除く。)とする。

2 前項の規定にかかわらず、特に必要があると認めたときは、開設日を変更することができる。

(開設時間)

第8条 クラブの開設時間は、次のとおりとする。

(1) 小学校の開校日 午後1時30分から午後6時30分まで

(2) 小学校の休校日 午前8時00分から午後6時30分まで

2 前項の規定にかかわらず、特に必要があると認めたときは、開設時間を変更することができる。

(登録)

第9条 クラブの利用登録をしようとする児童の保護者は、あらかじめ届出を行い町長の許可を得なければならない。

2 町長は、クラブの管理運営上支障があると認める場合は、登録の許可をしないことができる。

(脱退)

第10条 児童をクラブから脱退させようとする保護者は、町長にその旨を届け出なければならない。

2 町長は、登録児童が次の各号のいずれかに該当するときは、当該登録児童を脱退させることができる。

(1) 利用の必要がなくなった場合

(2) 身体虚弱でありクラブでの保育が困難な場合

(3) クラブの管理運営上支障があると認める場合

(利用料)

第11条 登録児童の保護者は、利用料を納付しなければならない。

2 登録児童の利用料は、別表に定める額とする。

3 登録児童の保護者は、利用料を町長の指定する期日までに支払わなければならない。

(利用料の減免)

第12条 町長は、特別な理由があると認めるときは、利用料を減免することができる。

(委任)

第13条 この条例に定めるもののほか、条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、子ども・子育て支援法及び就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律(平成24年法律第67号)施行の日から施行する。

附 則(平成30年3月22日条例第20号)

この条例は、平成30年4月1日から施行する。

別表(第11条関係)

区分

利用料の額

月額利用料

3,000円

ただし、1か月の利用日数が15日未満の場合は、1日につき200円

備考

1 別表の規定にかかわらず、保護者が現に養育している18歳未満の児童が2人以上いる世帯のうち、当該世帯の2人目以降の児童に係る利用料を全額免除とする。

2 平成32年3月31日、保護者が現に養育している第1子の児童の月額利用料については、全額免除とする。

吉賀町放課後児童クラブ条例

平成27年3月30日 条例第21号

(平成30年4月1日施行)