○吉賀町水道事業に係る行政手続等における情報通信の技術の利用に関する規程

平成29年3月21日

吉賀町訓令第5号

(趣旨)

第1条 水道事業の管理者の権限を行う町長(以下「管理者」という。)に対して行うこととされ、又は管理者が行うこととしている手続等を吉賀町行政手続等における情報通信の技術の利用に関する条例(平成18年吉賀町条例第1号)第3条から第6条までの規定により、電子情報処理組織を使用する方法その他の情報通信の技術を利用する方法により行わせ、又は行う場合については、他の規程の特別の定めがある場合を除くほか、この規程の定めるところによる。

(手続等の指定)

第2条 この規程の規定により電子情報処理組織を使用する方法その他の情報通信の技術を利用する方法により行わせ、又は行う手続等は、吉賀町水道事業給水条例(平成17年吉賀町条例第172号)第14条の規定による給水の申込み及び同条例第20条の規定による水道の使用中止、変更等の届出とする。

(準用規定)

第3条 前条に定めるもののほか、水道事業における電子情報処理組織を使用する方法その他の情報通信の技術を利用する方法については、吉賀町行政手続等における情報通信の技術の利用に関する条例施行規則(平成18年吉賀町規則第2号)の規定(第3条の規定を除く。)を準用する。この場合において、「町長」又は「町長等」とあるのは、「水道事業の管理者の権限を行う町長」と読み替えるものとする。

附 則

この規程は、平成29年4月1日から施行する。

吉賀町水道事業に係る行政手続等における情報通信の技術の利用に関する規程

平成29年3月21日 訓令第5号

(平成29年4月1日施行)

体系情報
第12編 水道事業
沿革情報
平成29年3月21日 訓令第5号