○吉岡町テニスコートの設置及び管理に関する条例

平成元年12月20日

条例第32号

(趣旨)

第1条 この条例は、吉岡町テニスコート(以下「テニスコート」という。)の設置及び管理に関し、必要な事項を定めるものとする。

(名称及び位置)

第2条 町は、町民の健康増進と体位向上を図るため、テニスコートを設置し、その名称及び位置は次のとおりとする。

名称

位置

吉岡町民テニスコート

吉岡町大字漆原949―1

吉岡町八幡山公園テニスコート

吉岡町大字南下1,374―5

(管理)

第3条 テニスコートは、吉岡町教育委員会が管理する。

(使用目的)

第4条 テニスコートの使用は、体育・スポーツを目的とするものでなければならない。

(申請)

第5条 テニスコートを使用するものは、次の事項を記載した申請書を教育委員会に提出して、その許可を受けなければならない。

(1) 使用の日時

(2) 使用の目的

(3) 使用者の住所及び氏名

(4) 使用見込人員

(5) 入場料その他の料金徴収の有無及び金額

(6) その他教育委員会が指定する事項

(使用の制限)

第6条 テニスコートは、次の各号の一に当たる場合は、使用を許可しない。

(1) 公の秩序又は善良な風俗を乱すおそれがあると認めたとき。

(2) 管理上に支障があると認めたとき。

(許可に対する条件)

第7条 教育委員会は、テニスコートの使用を許可するに当たり、必要な条件を付けることができる。

(使用料)

第8条 テニスコートを使用する者から、許可と同時に別表に掲げる使用料を徴収する。

2 既に納入された使用料は、返還しない。ただし、第13条第1項第3号による場合は、この限りでない。

(使用料の減免)

第9条 公用又は公益のため、テニスコートを使用するとき、若しくは教育委員会が相当の理由があると認めるときは、前条第1項の使用料を減額し、又は免除することができる。

(使用権の禁止事項)

第10条 使用の許可を受けた者は、その権利を譲渡し、又は転貸することができない。

(特別の設備の承認)

第11条 テニスコートの使用に当たり、特別の設備をしようとするときは、あらかじめ教育委員会の承認を受けなければならない。

2 前項の設備をした使用者は、使用後直ちにこれを撤去して原状に復さなければならない。

3 使用者が前項の義務を履行しないときは、教育委員会がこれを執行してその費用を使用者から徴収する。

(費用の負担及び損害の弁償)

第12条 使用に関する一切の費用は、使用者負担とする。

2 使用により建物又は附属品を損傷・汚損若しくは滅失したときは、教育委員会の指示に従い直ちに復旧するか、又は損害を弁償しなければならない。

(許可条件の変更及び取消)

第13条 次の各号の一に当たるときは、教育委員会はその許可の条件を変更し、又は取り消すことができる。

(1) 使用許可の条件に違反したとき。

(2) この条例又は条例に基づく規則に違反したとき。

(3) その他教育委員会が必要と認めたとき。

2 前項の規定により、許可の条件の変更又は許可の取消しにより使用者に損害を生じても、町はその責任を負わない。

(委任)

第14条 この条例に定めるもののほか、この条例の施行に関して必要な事項は、教育委員会規則で定める。

この条例は、公布の日から施行する。

(平成3年条例第14号)

この条例は、公布の日から施行し、平成4年1月1日から適用する。

別表(第8条関係)

吉岡町テニスコート使用料

使用料金

区分

町内

町外

備考

早朝 9時

200円

400円

 

9時 正午

500円

1,000円

 

正午 15時

500円

1,000円

 

15時 18時

500円

1,000円

 

1日

2,000円

4,000円

 

夜間

/使用料/電気料/

/700円/1,000円/

/1,400円/5,000円/

 

(1) 徴収単位は、それぞれのテニスコートごとに別料金とする。

(2) 上表はコート2面使用の場合とし、1面使用の場合は半額とする。

(3) 夜間 4月1日~10月31日は19時30分~21時30分とし、

11月1日~3月31日は19時00分~21時00分とする。

吉岡町テニスコートの設置及び管理に関する条例

平成元年12月20日 条例第32号

(平成3年12月20日施行)