○吉岡町テニスコートの設置及び管理に関する条例施行規則

平成2年1月16日

教委規則第2号

(趣旨)

第1条 この規則は、吉岡町テニスコートの設置及び管理に関する条例(平成元年吉岡村条例第32号。以下「条例」という。)第14条の規定に基づき、吉岡町テニスコート(以下「テニスコート」という。)の管理及び使用に関し必要な事項を定めるものとする。

(使用の基準)

第2条 テニスコートは、次に掲げる競技及び集会に使用することができる。

(1) テニス競技

(2) レクリエーション

(3) その他吉岡町教育委員会(以下「教育委員会」という。)が適当と認めるもの

(休場日等)

第3条 テニスコートの休場日は、次のとおりとする。ただし、教育委員会が必要と認めた場合は、開場することができる。

(1) 年末年始(12月28日から翌年1月5日までの期間をいう。)

(2) 開場は午前7時とし、閉場は午後9時30分とする。

(3) 臨時休場する場合には、その都度公示する。

(申請及び許可)

第4条 テニスコートを使用しようとする者又は団体(以下これらを「申請者」という。)は、吉岡町社会体育施設使用申請書(様式第1号)により教育委員会に申請しなければならない。

2 前項に規定する申請の受付開始日は、次の各号に掲げる申請者の区分に応じ、当該各号に掲げるとおりとする。

(1) 町内申請者(申請に占める吉岡町内に在住し、在勤し、又は在学する者の割合が3分の2以上の場合をいう。次項において同じ。) 使用しようとする日の属する月の前月1日

(2) 町外申請者(前号に掲げる者以外の申請者をいう。) 使用しようとする日前7日

3 前項の規定にかかわらず、吉岡町社会教育関係団体(町内申請者であって、教育委員会が別に定める基準により社会教育の向上に資する活動を行っていると認めたものをいう。以下同じ。)は、教育委員会が別に定める日に第1項に規定する申請をすることができる。

4 教育委員会は、第1項の規定による申請を受けたときは、その内容を審査し、使用を許可したときは、吉岡町社会体育施設使用許可書(様式第2号次条において「許可書」という。)を申請者に交付するものとする。

(使用の手続等)

第5条 前条第4項の規定による許可を受けた申請者(以下「使用者」という。)は、テニスコートの使用に当たり、教育委員会が必要と認めたときは、許可書を提示しなければならない。

2 使用者は、テニスコートの使用を終了したときは、使用した器具等を原状に回復しなければならない。

(使用上の注意)

第6条 使用者又は入場者は、次の各号に掲げる行為をしてはならない。ただし、教育委員会の許可を受けたときは、この限りでない。

(1) 定員を超えて入場させること。

(2) 火気を使用すること。

(3) 広告等を掲示し、又は配布すること。

(4) 建物又は設備を破損し、又は汚損するおそれがある行為をすること。

(5) 危険物、悪臭のあるものその他他人に迷惑となるような物品を持ち込むこと。

(6) 動物を伴い入場すること。

(7) 他人が迷惑するような服装又は行為をすること。

(8) その他教育委員会がテニスコートの管理上不適当と認めること。

(使用料の減免)

第7条 条例第9条の規定により使用料を減額し、又は免除することのできる使用者は、次の各号のいずれかに該当する者とする。

(1) 吉岡町及び教育委員会

(2) 吉岡町立小学校及び中学校

(3) 吉岡町社会教育関係団体

(4) その他教育委員会が減額又は免除が必要と認める使用者

(物品販売の禁止)

第8条 テニスコート内において飲食物その他の物品を販売することはできない。

この規則は、公布の日から施行する。

(令和5年教委規則第9号)

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際、この規則による改正前の吉岡町社会体育館の設置及び使用に関する条例施行規則、吉岡町弓道場の設置及び管理に関する条例施行規則、吉岡町テニスコートの設置及び管理に関する条例施行規則又は吉岡町立学校施設の開放に関する規則の規定による用紙で、現に残存するものは、当分の間、所要の修正を加え、なお使用することができる。

画像

画像

吉岡町テニスコートの設置及び管理に関する条例施行規則

平成2年1月16日 教育委員会規則第2号

(令和5年12月13日施行)