○吉岡町の国民健康保険事業の運営に関する協議会規則

昭和45年11月10日

規則第21号

第1条 吉岡町の国民健康保険事業の運営に関する協議会(以下「協議会」という。)に関しては、法令又は吉岡町国民健康保険条例(昭和35年吉岡村条例第63号)に定めるもののほか、この規則の定めるところによる。

第2条 協議会は、国民健康保険の運営に関する重要事項につき町長の諮問等に応じて審議するほか、必要あるときは建議することができる。

第3条 委員は、町長が委嘱する。

第4条 委員の任期は、3年とする。ただし、補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とし、吉岡町国民健康保険条例第2条第4号に規定する委員の任期は、令和4年3月31日までとする。

第5条 協議会は、委員定数の2分の1以上が出席しなければ会議を開くことができない。

第6条 協議会に会長1人を置き、公益を代表する委員の中から全委員がこれを選挙する。

2 会長に事故があるときは、前項の規定に準じて選挙された委員がその職務を代行する。

第7条 協議会は、会長がこれを招集する。ただし、委員の定数の4分の1以上の者から協議会招集の請求があるときは、会長はこれを招集しなければならない。

2 会長は、協議会を招集するときは、これを町長に通知しなければならない。

3 初めて協議会の会長互選を行う場合において、第1項の規定にかかわらず町長が協議会を招集する。

第8条 協議会の議事は、出席委員の過半数でこれを決し、可否同数のときは議長の決するところによる。

第9条 会長は、会議の議長となり議事を整理し協議会の事務を統理する。

第10条 会長は、職務遂行に関し必要と認めるときは、町長に対し参考資料の提出を求めることができる。

2 町長は、前項の請求を受けたときは、これを提出しなければならない。

第11条 議長は、協議会の書記をして会議録を調製し、会議の次第出席の委員氏名を記載させ2人以上の委員とともにこれを署名しなければならない。

2 前項の会議録は、会長が書記をして保管しなければならない。

第12条 委員が辞職しようとするときは、町長の許可を得なければならない。

第13条 委員が職務のため町外に出張するときは、費用弁償を支給することができる。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成30年規則第5号)

(施行期日)

1 この規則は、平成30年4月1日から施行する。

(適用区分)

2 この規則による改正後の吉岡町の国民健康保険事業の運営に関する協議会規則の規定は、平成30年度以降に新たに委嘱される委員から適用し、平成29年度以前に委嘱された委員については、なお従前の例による。

附 則(令和元年規則第19号)

この規則は、公布の日から施行する。

吉岡町の国民健康保険事業の運営に関する協議会規則

昭和45年11月10日 規則第21号

(令和元年6月13日施行)

体系情報
第8編 生/第2章 保険・年金/第1節 国民健康保険
沿革情報
昭和45年11月10日 規則第21号
平成30年3月20日 規則第5号
令和元年6月13日 規則第19号