○吉岡町工事検査規程

平成9年3月25日

規程第1号

(趣旨)

第1条 この規程は、法令その他別に定めるもののほか、町が執行する建設工事(以下「工事」という。)について地方自治法(昭和22年法律第67号)第234条の2第1項の規定に基づき検査(以下「検査」という。)に関し、必要な事項を定めるものとする。

(検査の種類)

第2条 検査は、完成検査、中間検査及び随時検査とする。

2 完成検査は、工事完成通知書(別記様式第25号)の提出があったとき行うものとする。

3 中間検査は、請負人から出来形検査願(別記様式第23号)の申請があったとき又は契約の解除等により工事の中止若しくは打切りをするときに行うものとする。

4 随時検査は、完成後検査し難い部分がある場合又は契約の履行を確認するため必要がある場合に、工事の施工途中において随時行うものとする。

(検査員)

第3条 検査は、契約金額130万円以上の工事については、契約担当者が指定した検査員が行うものとする。

(指定検査員)

第4条 検査に特別の技術を要するときは、企画財政課長は、契約担当者と協議して当該検査を的確に行うことができる職員をそのつど契約担当者が指定し、検査を行うことができる。

2 前条及び前項の規定により検査を命じられた職員(以下「検査員」という。)は、検査の結果を契約担当者に報告しなければならない。

(検査の実施)

第5条 検査員(指定検査員を含む。)は、契約書、設計書、図面、仕様書その他の関係書類に基づいて適正かつ厳正に検査を行わなければならない。

2 検査員は、完成検査に当たって必要があると認めるときは、請負人に対して検査目的の破壊又は分解その他の措置を求めることにより検査を行うことができる。この場合において、検査員は、直ちに請負者に復旧させるものとする。

3 検査員は、検査の結果に基づいて必要があると認めるときは、請負人に対し施工技術の向上を図るよう指導しなければならない。

(契約締結の通知)

第6条 工事担当課長等は、工事の請負契約を締結したときは、契約金額130万円以上の工事について、企画財政課長に契約内容(別記様式第40号)を通知するものとする。

(検査の通知)

第7条 工事担当課長は、次の各号のいずれかに該当するときは、速やかに企画財政課長に対し検査の実施について依頼しなければならない。

(1) 請負人から工事完成通知書(別記様式第25号)の提出があったとき。

(2) 請負人から工事についての出来形検査の申請があった場合において検査をする必要があると認めたとき。

(3) 工事の完成前において、確認することが必要と認めたとき。

(検査の中止等)

第8条 検査員は、次の各号のいずれかに該当する場合は、検査を中止し、契約担当者の指示を受けなければならない。

(1) 検査に当たって請負人が検査員の職務を妨害したとき。

(2) 検査ができない事情がある場合その他検査の実施について疑義が生じたとき。

(請負人に対する立会い通知等)

第9条 検査員は、検査を行うときは工事担当課長等をして、請負人にあらかじめ検査の日時及び場所を通知(別記様式第41号)して立会いをもとめなければならない。

2 前項の検査は、請負人から提出される工事完成通知書(別記様式第25号)を工事担当課において受理した日から14日以内に執行しなければならない。

(関係職員の立会い)

第10条 検査員は、検査を行うときは監督員又は工事担当課長等に立会いを求めることができる。

(検査報告)

第11条 検査員は、検査の結果契約の内容に適合したものであると認めるときは、直ちに工事成績評定書(中間検査の場合は除く)及び検査調書(別記様式第37号)作成し契約担当者に報告しなければならない。

2 企画財政課長は、契約担当者の決済を受けた後直ちに工事担当課長に送付する。

3 工事担当課長は、検査結果の報告を受けたときは、工事完成結果について請負者に通知(別記様式第32号)しなければならない。

4 請負金額が130万円未満の工事については、検査調書(別記様式第37号)及び工事成績評定書の作成は、要しないものとする。

(検査不合格の場合の措置)

第12条 検査員は、検査の結果不合格と判定した工事について、手直し又は補強をさせる必要があると認めるときは、契約担当者の承認を得て期限を定めて請負人に手直し又は補強させることができる。

2 検査員は、前項の規定による手直し又は補強をさせるときは、その旨を記録し、検査調書に記載しなければならない。

(再検査)

第13条 検査員は、手直し又は補強をさせた工事の検査については、当該部分のみの検査により合否を判定することができる。

2 検査員は、前項の規定による検査結果を工事成績評定書に記載するとともに検査調書に記載するものとする。

3 検査員は、軽微な手直しで処理できると認めるものについては、口頭によりその指示を行い、当該工事の監督員から手直し完了を確認した旨の報告をもって検査に代えることができる。

(検査基準)

第14条 検査員が検査を行うに当たって必要な検査基準は、別に定める。

附 則

この規程は、平成9年4月1日から施行する。

附 則(平成11年訓令第2号)

この訓令は、平成11年4月1日から施行する。

附 則(平成20年訓令第4号)

この訓令は、公布の日から施行する。

附 則(令和元年訓令第79号)

この訓令は、令和2年4月1日から施行する。

様式 略

吉岡町工事検査規程

平成9年3月25日 規程第1号

(令和2年4月1日施行)