○吉岡町骨髄移植ドナー支援事業補助金交付要綱

平成31年3月18日

訓令第35号

(趣旨)

第1条 この要綱は、公益財団法人日本骨髄バンク(以下「骨髄バンク」という。)が実施する骨髄バンク事業(移植に用いる造血幹細胞の適切な提供の推進に関する法律(平成24年法律第90号)に基づく骨髄・末梢血幹細胞提供あっせん事業をいう。以下同じ。)において骨髄又は末梢血幹細胞(以下「骨髄等」という。)の提供者の負担を軽減し、もってドナー登録の増加及び骨髄等の移植の促進に寄与するため、予算の範囲内において吉岡町骨髄移植ドナー支援事業補助金を交付するものとし、その交付に関し、吉岡町補助金等の交付に関する規則(昭和45年吉岡村規則第1号。以下「規則」という。)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(補助対象者)

第2条 この補助金の対象者は、骨髄等の提供を行った者又は最終同意後に骨髄等の提供が中止になった者で、次に掲げる要件のいずれにも該当するものとする。

(1) 骨髄等の提供を行った日(以下「骨髄等提供日」という。)に町内に住所を有している者又は最終同意後に骨髄等の提供が中止になった場合は、最終同意をした日(以下「骨髄等提供最終同意日」という。)において、町内に住所を有している者

(2) 勤務している者にあっては、骨髄等の提供のために必要な通院又は入院等をするための特別有給休暇を設けている企業及び団体等に属していない者

(3) 他の自治体等が実施する同様の補助金等を受けていない者

(4) 町税の滞納がない者

(補助金の額)

第3条 補助金の額は、次に掲げる骨髄等の提供に係る通院、入院及び面談(以下「通院等」という。)に要した日数(骨髄等の採取のための手術及びこれに関連した医療処置によって生じた健康被害のためのものを除く。)の合計に2万円を乗じて得た額とする。ただし、1回の提供につき14万円を限度とする。

(1) 健康診断のための通院

(2) 自己血貯血又はG―CSF注射のための通院又は入院

(3) 骨髄等の採取のための入院

(4) 前3号に掲げるもののほか、骨髄バンク又は医療機関が必要と認める通院等

(補助金の交付申請)

第4条 補助金の交付を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、骨髄等の提供が完了した日から起算して90日以内に、又は最終同意後に骨髄等の提供が中止になった場合は、骨髄等提供最終同意日から180日以内に、吉岡町骨髄移植ドナー支援事業補助金交付申請書兼請求書(様式第1号)に次に掲げる書類を添えて、町長に提出しなければならない。ただし、町長が特に必要と認めた場合は、この限りでない。

(1) 骨髄バンクが発行する骨髄等の提供を行ったことを証明する書類

(2) 骨髄等の提供に係る通院等をしたこと及び当該通院等をした日を証する書類

(3) 前2号に掲げるもののほか、町長が必要と認める書類

(交付の決定及び支払)

第5条 町長は、前条の規定による申請を受けたときは、その申請内容を審査し、補助金の可否を決定し、規則第3条の規定にかかわらず、吉岡町骨髄移植ドナー支援事業補助金交付(不交付)決定通知書(様式第2号)により、当該申請者に通知するものとする。

2 町長は、前項の規定により補助金の交付を決定したときは、申請者が指定する金融機関の口座に補助金を振り込むことにより支払うものとする。

(助成金の返還)

第6条 町長は、申請者が次の各号のいずれかに該当するときは、補助金の交付決定の全部又は一部を取り消し、当該取消しに係る部分に関し、既に補助金が交付されているときは、当該補助金の返還を命じることができる。

(1) 虚偽その他不正な手段により、補助金の交付の決定又は交付を受けたとき。

(2) 法令又はこの要綱に反したとき。

(3) その他町長が不適当と認める事由が生じたとき。

(委任)

第7条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この訓令は、平成31年4月1日から施行する。

画像

画像

吉岡町骨髄移植ドナー支援事業補助金交付要綱

平成31年3月18日 訓令第35号

(平成31年4月1日施行)